「出産ケア政策会議 Birth for the Future研究会」カテゴリーアーカイブ

出産ケア政策会議 Birth for the Futureについて

未来へ向けて

「出産ケア政策会議」

昨日、京都市の佛教大学で「出産ケア政策会議」の報告会を開催しました。私たち研修生にとって、1年間の集大成の場でした。

東京に引き続き、約100名の方にご参加いただきました。   たくさんのお母さん、学生さんの姿もあって、嬉しかったです。

子育て支援に関わっているお母さんたちとも繋がれて、とても心強かったです。

本当にありがとうございました。

マイ助産師制度

そして、本日(2018.4.22)の京都新聞朝刊にその様子が掲載されました。


出産ケア政策会議とは

Birth for the future(BFF)研究会が2017年5月から開催している研修会です。

「学び、考え、議論し、行動する」

女性を大切にした出産ケアの在り方を制度・政策面から支えるために、当事者が協働して、出産ケアに関わる法律や制度、政策を見直し、女性のニーズに沿った政策転換を目指して活動しています。

私は、お産ラボを始めてから目の当たりにした、日本のお産に対する疑問、課題を自分の中で解決すべく、静岡から、お母さんの立場で、出産ケア政策会議に参加してきました。

でも、自分が想像していた以上に現代のお産を取り巻く環境は厳しく、京都に足を運ぶたびに現実を突きつけられ、正直なところ

とんでもないとこに足を突っ込んでしまったな・・・・

と思ったりもしましたが、ともに学ぶ志の高い助産師さんたちに励まされ、家族の協力に背中を押され、すべての日程に参加することができました。


 マイ助産師制度

妊娠中から出産、産後のケアもすべて同じ助産師(または少数の助産師チーム)が行う

この制度を実現させるには、多くの課題がありますが、

一人一人ができることをしていくという観点を持ちながら、少しづつ前に進んでいきたいと思っています。

この1年の学びを行動へ

私には、5歳の娘がいます。娘がお母さんになるときに、助産院という選択肢も残したいし、どこで、どんな産み方でも、すべての女性がマイ助産師を選べ、自分らしい、納得のいくお産ができる未来があったらいいなぁと思います。

そのために、これからも自分の体験をシェアし、当事者である私たち女性が情報を共有し、声を上げていくことが、なによりも大切です!!

近いうちに、お母さんたちに向けて、マイ助産師制度のシェア会をしたいと思っています。

出産ケア政策会議

 

 

「出産ケア政策会議」成果報告会 in京都

 3月に東京で開催されたシンポジウムで登壇したメンバーが再集結し、1年間の集大成を報告をします。

昨年の5月から学び、議論してきた『マイ助産師制度』

そのメリットやこれからの課題、助産師の在り方や地域連携など、助産師の役割についても考えるきっかけになればと思います。

私も、自分の出産体験、お産ラボの活動を通して感じた危機感など、お母さんの立場からお話しさせていただきます。

◆◆◆「出産ケア政策会議」成果報告会◆◆◆ 
◇◆◇女性を大切にする出産ケアシステム◇◆◇
◇◇◇「マイ助産師制度」の実現にむけて◇◇
●日時
4月21日(土)10:00~12:00
(開場・受付開始 9:40~)
(意見交換会  12:00~13:00*自由参加)
●会場
佛教大学二条キャンパス2F 207教室
http://www.bukkyo-u.ac.jp/about/access/nijo/

 

●プログラム
・「親愛なる助産師さんたちへ」平田砂知枝(お産ラボ)
・「『マイ助産師制度』について」 ドーリング景子(オークランド工科大学助産学博
士課程)
・「マイ助産師になるための”最初の一歩”を踏み出す」                     鈴木知佳(ふくろう助産院院長)
・「マイ助産師を支える地域連携~静岡県を例に」                               草野恵子(くさの助産院院長)


・映像上映「Dear マイ助産師」企画:日本妊産婦支援協議会りんごの木、編集:お産ラボ
●定員
60名
●参加費(資料代含む)
助産師・専門職:2,000円
一般・学生:500円
*事前申込不要   

申し込みは、不要ですが、大体の人数を把握したいので、興味がある方は、osanlabo@gmailまで連絡いただけると幸いです。

「PR映像上映のご報告とお礼」

「マイ助産師制度」PR映像の素材を提供してくださった皆様へ

このたびは「マイ助産師制度」PR映像の素材提供にご協力くださり、ありがとうございました。

約1ケ月間で80枚以上の写真が、北は北海道、南は沖縄の全国各地から届きました。

メッセージに方言を交えてくださったり、その土地の名物もいっしょに写してくださったりした方が、たくさんいらっしゃいました。

続きを読む 「PR映像上映のご報告とお礼」

正直に言うと…

3月9・10日のシンポジウム当日まで、すごく不安でした。

大好きな助産師さんたちと、これからのお産について学べる!!

意気揚々と臨んだ5月からの出産ケア会議でしたが、専門家の先生方のお話を聞いて、お産の現状を、俯瞰するたびに

頭がいっぱいになって、思考停止

無力な自分に打ちのめされるような感じでした…

学んで、意見を交わして、考えて、また意見を交わして、ちょっとだけ頭でっかちになっていたのかもしれません。

出産ケア政策会議

それでも、一緒に励まし合った仲間、ひとりひとりの気持ちを集結して、たどり着くことができました。

希望と、不安と葛藤も抱えながら、みんなの熱い想いがつまった
『マイ助産師制度』は、誕生しました。

マイ助産師制度

この制度は、未来の実現に向けての提言ですが、

これをきっかけに、

命を産み、育み、つなぐこと

自分がどうしたいか、どうありたいか

お母さんとして、助産師さんとして、女性として考えるきっかけになればいいなと思います。

2日間、本当にたくさんの想い、賛同、共感の声に、励まされ、いっぱい力をもらいました。直接、声をかけていただき、感激しました。

カメラのフェンダー越しに、みなさんのまっすぐな眼差しを見て、あっというまに、不安も、ふっとんでいきました!!

まるでお産のように
産みの苦しみ、喜びを味わった

『マイ助産師制度』

希望を持って、はじめの一歩を踏み出しました。

これから、シェア会などをして、どんどん輪を広げていきます!

関連する記事は、以下をご覧ください。

*出産ケア政策会議との出会い

*マイ助産師制度について考えよう♪

マイ助産師制度について考えよう♪

出産ケア政策会議、Birth for the Future(BFF)の

 

“命を育む女性を大切にできる社会を自分たちの手で創る”

その目的に共感し、お母さんの立場から想いを伝えてきました。

(以前に書いた記事は、こちらからご覧ください)

お産ラボをはじめたからこそ知ったこと、学んだことがきっかけでした。

期待感でいっぱいだったのに、いざ参加してみると、日本のお産に関する制度やシステムは、私が思っていた以上に、複雑で、政策提言するのは困難だと痛感しました。知れば知るほど、失望感、無力感に陥りました。

だからこそ、なんとかしたい!

私たちがたどり着いた1つ提案は、

マイ助産師制度!!

現時点では、限りなく理想論に近いのかもしれません

ものすごく時間がかかるかもしれません

課題はたくさんあるかもしれません

だからこそ、みんなで共有し、考えていきたい!

9日は、議員会館で、議員さんたちに向けて成果報告

と勉強会をします。

10日は、お母さん、助産師さんに向けての報告と基調講演などがあります。私たちのはじめの一歩に、是非ご参加ください。

シンポジウムでは、母の声として、スピーチさせていただきます。また、静岡の助産師さんたちの取り組みも紹介されます。

全国のたくさんのお母さんが、応援してくれています。

お母さん、助産師さん、たくさんの方のご参加をお待ちしています!

3月10日のシンポジウムには、静岡から、バスを手配して、お産ラボの仲間・子どもたちと助産師さんが駆けつけてくれます。

まだ、席に余裕があります。一緒に行きたい方は連絡ください。

osanlabo@gmail.com、お産ラボFBのメッセージへ!!

ぜひ、ご一緒しましょう!