1歳の誕生日にデート

9月27日は和夢の誕生日でした。

普段はなかなか密に過ごせないので、この日は和夢と二人だけで過ごそうと前々から決めていました♪

二人だけのデートの行く先は

『エスアールハウス』

和夢が産まれた富士宮の助産院です。

お産ラボ

和夢の原点の場所。

いろいろあって流れ着いたエスアールハウスでのお産。

出産にたどり着くまでにいろいろあった割りに出産当日はあわや車中出産のバタバタ産。

今日行ってみて

あぁーここで産んだんだな。
このハーブティーは産後に出してもらった味だ。
一年前も家庭菜園のゴーヤが終わりの時期だったな

とかとか。

一歳の誕生日に出産場所に行くというのはとても感慨深い体験でした。

お産ラボ

何よりも子供を取り上げてくれた助産師さんに子供の成長を報告できるって幸せ。

子供にとっても私にとっても言い表せない特別な存在。
私としては取り上げてくれた助産師さんは子供たちにとって第2の母みたいに思ってる。勝手に。

歩夢を取り上げてくれたのは友人のみっきーだし、私は二人とも取り上げてくれた助産師さんに子供の成長を報告できる。

お産ラボ

そして二人とも一緒に喜んでくれる。

これってすごく贅沢で幸せなことなんだよね。
病院での出産だとなかなかそういう関係にならないもんね。

そんなことから自分も報告してもらえる助産師でなくてはいけないなと思ったり。

私にとっても原点に戻っていろいろ考える1日でした。

お産ラボ

和夢、産まれてきてくれてありがとう。
和夢の成長がお母さんの幸せ。
(Miho)

『Umiのいえ』からマキコミュニケーション!

先日、浜松で開催されたミニお産ラボ体験&交流会は、『Umiのいえ』から始まりました。

『Umiのいえ』は、出産・母乳・子育に関連する講座の企画・講演など、母親の立場で子育て支援活動を20年以上も続けている斎藤麻紀子さんが設立した、いのち・こころ・からだ・くらしの学びあいの場です。

5月にUmiのいえで開催されたファシリテーター講座に参加した帰りの新幹線で、たまたまご一緒したのが郡上もりのこ鍼灸院の加藤祐里さんでした。助産師であり、鍼灸師というお仕事もさることながら、ご自身の学びや経験を活かし、精力的に助産師さんや子育て支援をする人たちを繋げ、サポートする活動をされています。

別々に、『Umiのいえ』を出たのに、出発直前の新幹線ホームで引き寄せられるように会って、意気投合し、浜松の日程を決め、にぎにぎCHU助産院の宮﨑さんと私を繋げてくれたのでした。包み込むような愛情で私の話に熱心に耳を傾け、お産ラボの活動に興味を持っていただいたこと、とっても嬉しかったです。

祐里さんと私、そして宮﨑さんが繋がっていったのは、まぎれもなく『Umiのいえ』があったから。

当日のミニお産ラボ体験会&交流会に麻紀子さんも来てくださり、本当に重みのある奥深いお話をしてくださいました。

お産ラボ

声を発したとたんに、そこに存在するだけで場の雰囲気が整っちゃうような感覚でした。
その場にいた人たちで共有した時間は、とっても充実したものでした。

そして、新たな繋がりができ、今回、主催してくださった、にぎにぎCHU助産院の宮﨑さんを中心に浜松でもお産ラボの輪が広がっていきそうです。

img_1678-1

お産ラボが大切にしていること

 マキコミュニケーション!!(巻き込む+コミュニケーション)

このマキコは、麻紀子なのかも知れない?!(笑)

さて、祐里さんと私が参加した『Umiのいえ』ファシリテーション講座が、10月14日(金)に開催されます。

ファシリテーションとは何かということを、頭ではなく、体と心で感じることができるワークいっぱいの講座です。

子育て支援に関わっていて、お母さんたちとお話する機会があるかたには、ぜひ1度は参加していただきたい講座です。

1日どっぷり、こころと身体をゆだねてみませんか?

私たちも、静岡から参加します!!ぜひ、ご一緒しましょう♪

ミニお産ラボ体験会&交流会レポート

大粒の雨が落ち、風邪が吹き荒れる荒天のなか、浜松で、ミニお産ラボ体験&交流会が開催されました。

今回の座談会には、石川県、岐阜県、神奈川県、愛知県からも助産師さんや子育て支援に関わる方々にご参加いただきました。

…お産ラボ、なんだかすごくないですか?

s-img_0196

なんと今回、Umiのいえの齋藤麻紀子さんが参加して下さいました。

14302769_1110763419037715_388743068_n

自己紹介をかねた麻紀子さんの

『お産大好き』

という言葉と笑顔からはじまり、一瞬で会場がパッと明るくなるのを感じました。

私も大好きです、お産。

25年もの間、お母さんや赤ちゃんだけでなく、助産師さんを支え、寄り添い続け、共に学ぶ活動をされてる麻紀子さんの言葉は魔法のような力があります。

人生でたった数回しか体験できないお産を

楽しかった!

最高だった!

何回でも体験したいっ!

って思えたら最高にハッピーです。

さて、今回の一文字です!

開 ・ 道 ・ 幸 ・ 嬉 ・ 喜 ・ 野 ・ 会 ・ 達 ・ 出 ・ 発 ・ 奇

お産ラボ

お産は、本当に何があるかわかりません。

全く予想していなかった緊急帝王切開、説明もなないまま手術、そして手術中なにしてるかもわからず、医療者の都合で帝王切開になったと感じた出産・・・

「入院中は助産師さんも先生も大嫌い!」と思っていた。

でも2人目は6年開いたこともあり自然分娩ができた。助産師さんも優しい言葉をかけてくれた。
これから出産をする人には【大事にお産してほしいな】と思っている。

次にお話してくれたお母さんは2、3人目が双子だったので予定帝王切開だったけれど、妊娠中も友達の助産師さんが見守ってくれたり、手術中もお話しながら今の状況をちゃんと伝えてくれたから不安なかった。

どう産むか?

ではなく

誰と産むか?

寄りそえる人がいるか、いないかで出産ってかわってくるのだなと思いました。

出産だけでなく
夫と寄りそって夫婦に
こどもと寄りそって親子になっていく。

お産は通過点で、過ぎてしまうと、どうしてもいろんなことを忘れてしまいます。

陣痛の長さ、痛み、裂けた、おっぱいトラブル・・・マイナスだと思っていたけど、その時に出会えた気持ちや人がいなかった?

img_0219

そんなことを座談会に参加して思い出し、それを言葉にすることでフタをしていた気持ちが開放されていくのを感じます。

%e3%81%8a%e7%94%a3%e3%83%a9%e3%83%9c%e6%b5%9c%e6%9d%be%e2%91%a0

そしてお母さんてやっぱりすごい!!と思うんです。

お産ラボがいろんな場所で必要とされているのを感じて、もっともっとがんばろうと決意を新たに、雨女のお産ラボリーダーを乗せて、台風を引き連れて静岡に帰りました。

s-img_0277

参加してくださったみなさん、主催してくださったにぎにぎCHU助産院の宮﨑さん、ありがとうございました!!

(Hideka)

ご報告

先日、はなちゃんを救う会に、寄付させていただきました。

お産ラボ
募金箱を受け取らせていただいたものの、お産ラボの活動が月に1度程度で、なかなか募金を集める機会がなく、なんとももどかしい気持ちでいました。

小さな子どもを抱える私たちお産ラボスタッフにとっても、小さな体で、懸命に病気に立ち向かっているはなちゃん、そしてご両親のことを思うと、本当に胸が締め付けられます。
私たちに出来ることはないかと考えていました。

そこで、キックオフから、先日の島田で開催された第7回お産ラボまでの参加費(経費を除く)すべてを募金箱に集まったお金と共に寄付させていただくことにしました。
お産ラボに参加してくださったみなさんの想いものせて・・・

改めて、お産ラボに参加してくださったすべての方に、感謝の気持ちでいっぱいです。

はなちゃんに届きますように・・・

はなちゃんを救う会

お母さん業界新聞 静岡版8月号

お母さん業界新聞 の静岡版8月号のお産ラボの記事の全文を掲載することを編集長の杉本さんより許可いただいたので、
ここに紹介させていただきます。

杉本さんは、第4回お産ラボに参加され、その後、メールのやり取りを通して、取材してくださり、お産ラボの経緯や、私たちの想いを余すことなく記事にしてくださいました。

そのご縁もあって、先日、島田で初のお産ラボを開催することが出来ました。

少し読みにくいですが、拡大してご覧ください。
(スマートフォンで拡大しても、何とか読めるかなという感じですが・・・・)

s-img_0124

s-img_0125

さて、島田のお産ラボ後には、杉本さんを中心とするお母さんたちが運営するつむぎCAFEでランチ交流会を行いました。
つむぎCAFEは、『とびっきり食堂』で紹介され、週間1位に輝き、地域に密着の体と心の優しいカフェです。

s-img_0188

s-img_0190

s-img_0192

人気ナンバーワンのおこわドリアをいただきました。評判通り、お豆がゴロゴロ、食感も楽しい、大満足のドリアでした。
自家製ジンジャーエールもとっても美味しかったです。ご馳走様でした!

つむぎCAFEのBlogはこちら!!