『Umiのいえ』からマキコミュニケーション!

先日、浜松で開催されたミニお産ラボ体験&交流会は、『Umiのいえ』から始まりました。

『Umiのいえ』は、出産・母乳・子育に関連する講座の企画・講演など、母親の立場で子育て支援活動を20年以上も続けている斎藤麻紀子さんが設立した、いのち・こころ・からだ・くらしの学びあいの場です。

5月にUmiのいえで開催されたファシリテーター講座に参加した帰りの新幹線で、たまたまご一緒したのが郡上もりのこ鍼灸院の加藤祐里さんでした。助産師であり、鍼灸師というお仕事もさることながら、ご自身の学びや経験を活かし、精力的に助産師さんや子育て支援をする人たちを繋げ、サポートする活動をされています。

別々に、『Umiのいえ』を出たのに、出発直前の新幹線ホームで引き寄せられるように会って、意気投合し、浜松の日程を決め、にぎにぎCHU助産院の宮﨑さんと私を繋げてくれたのでした。包み込むような愛情で私の話に熱心に耳を傾け、お産ラボの活動に興味を持っていただいたこと、とっても嬉しかったです。

祐里さんと私、そして宮﨑さんが繋がっていったのは、まぎれもなく『Umiのいえ』があったから。

当日のミニお産ラボ体験会&交流会に麻紀子さんも来てくださり、本当に重みのある奥深いお話をしてくださいました。

お産ラボ

声を発したとたんに、そこに存在するだけで場の雰囲気が整っちゃうような感覚でした。
その場にいた人たちで共有した時間は、とっても充実したものでした。

そして、新たな繋がりができ、今回、主催してくださった、にぎにぎCHU助産院の宮﨑さんを中心に浜松でもお産ラボの輪が広がっていきそうです。

img_1678-1

お産ラボが大切にしていること

 マキコミュニケーション!!(巻き込む+コミュニケーション)

このマキコは、麻紀子なのかも知れない?!(笑)

さて、祐里さんと私が参加した『Umiのいえ』ファシリテーション講座が、10月14日(金)に開催されます。

ファシリテーションとは何かということを、頭ではなく、体と心で感じることができるワークいっぱいの講座です。

子育て支援に関わっていて、お母さんたちとお話する機会があるかたには、ぜひ1度は参加していただきたい講座です。

1日どっぷり、こころと身体をゆだねてみませんか?

私たちも、静岡から参加します!!ぜひ、ご一緒しましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です