第7回レポート➀

ちょっとだけ、限界を感じてます・・・

先日、第7回お産ラボを島田市で、開催しました。

今回は、初めて専業主夫をされてる男性の方がオブザーバーとして参加してくださいました。

s-img_0162

また、助産師を目指す学生さんも参加され、異世代間交流を目指すお産ラボとしても充実した会となりました。

%e3%81%8a%e7%94%a3%e3%83%a9%e3%83%9c%e3%80%80%e5%b3%b6%e7%94%b0

守 ・ 愛 ・ 力 ・ 強 ・ 絆 ・ 卵 ・ 輝 ・ 生 ・ 涙 ・ 気合 

s-img_0163

お産をイメージする文字に込められたストーリーや想いは千差万別
誰一人として、同じではありません。

s-img_0169

初めての妊娠で楽しみ、不安、楽しみ・・・そんな自分の心の変化に戸惑い、お産では自分と赤ちゃんのもつ力に驚いたということ
そして、看護師として立ち会ったお産と自分の体験は全く別物だったという気付き

気分爽快!自分はお産に向いているって、とっても楽しそうにお産をふりかえってたお母さんの突然の涙・・・
「子どもって何があるかわからない・・・」

切迫早産、絶対安静・・・出血、貧血の壮絶なお産、生死のはざまで感じたこと、生きていることは、奇跡の連続であること

1人でも、4人でも、命を産み、育てることの大変さは同じ、5人目を妊娠してるお母さんが思うこと

トキソプラズマの検査で陽性になって、涙に明け暮れたお母さんの
「どんな体でもうちの子には変わりない!みんなで守り抜いていく」
という決意にたどり着くまでの想像を絶する苦悩

初めてのお産に向けて楽しみで、楽しみで、陣痛も会いたい会いたいと泣きながら耐えたこと

切迫早産、不正出血・・・何か悪いことをしたかな?生れてきた命、そして自分の母に感謝でいっぱい

s-img_0183

不妊治療、体外受精、不正出血、切迫早産、救急搬送、緊急帝王切開、貧血、子どもの疾患、障害の可能性、促進剤の不安、子どもの長期入院・・・・様々な困難を乗り越えたお母さんたちのお話、すべては書ききれませんが、とても奥深く、濃い内容でした。

命を宿した瞬間から、コントロールできないほどの感情に揺さぶられ、変化していく体に気持ちが押しつぶれそうになったり、まだ見ぬ我が子を想像して顔をほころばせたり、とてつもなく不安になったり、それを模索しながら乗り越えて、陣痛の痛みに耐えて、傷の痛みに耐えて、赤ちゃんを産み育てていく・・・

お母さんってすごいとしか言いようがない。

でも、そのことに気づいてないお母さん、多いんじゃないかな?お母さんだからって、がんばりすぎちゃってないかな?

お母さんが生まれたての赤ちゃんを優しくあやすように、自分ののことを大切にケアできるようになったらいいな。
まずスタート地点をふり返って、自分が成し遂げたことを自分で、誉めてあげましょう!!

「わたしって、すごい!えらい!!」

お産ラボは、みんなにそう伝えたいです。

➁へつづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です