「お知らせ」カテゴリーアーカイブ

座談会、イベントなどの告知です。

マイ助産師制度シェア会①

先日、マイ助産師制度のシェア会をしました。

お母さん、助産師さん、学生さん、子育て支援に関わる方、いろんな方に参加していただきました。

第一部では、お産ラボの活動、出産ケア政策会議に至った経緯、それからマイ助産師制度についてお話し、『Dear マイ助産師』の上映をしました。

昨年の5月から参加した出産ケア政策会議・・・全国から志の高い助産師さんが集まり、月に1度、京都の佛教大学で議論を深めてきました。

私たちが、たどり着いたのが・・・

女性を大切にする出産ケアシステム

マイ助産師制度

すべての女性が同じ助産師、または少人数の助産師チーム(その場合でもマイ助産師をひとり特定する)が妊娠初期から、陣津・出産・産後(6か月~1年)のケアを継続して提供するための制度

*出産場所やリスクの程度に関係なく、すべての妊婦がマイ助産師を選ぶことができる!

周産期ケアの現状や問題点、世界の動向、アンケート調査結果、エビデンス、実現に向けての課題など・・・

今回のシェア会では、出産ケア政策会議の主催者、Birth for the future 研究会のドーリング景子さんがまとめ、実際にスピーチされた資料をもとに、自分のエピソードを交え、説明しました。

マイ助産師制度は、課題も多く、これからの実現に向けて、ようやく第一歩を踏み出したばかりです。

参加者の感想にもありましたが・・・・

”内容がとってもわかりやすく、制度がどういうものかわかった。だからこそ、もっとたくさんの参加者がいたらよかった。”

実際に、出産ケア政策会議はまだまだ続いていきますし、これからも、さらに議論し、輪を広げ、少しずつ認知されるよう、行動を起こしていくつもりです。

実は、マイ助産師という言葉が新聞紙面に掲載されたのは、全国で静岡が最初です。

(静岡新聞朝刊2018年1月15日)

今回も、SBSテレビで取材してくださいましたが、より多くの方がマイ助産師制度のことを知って、考える機会を作っていきたいと思います。

私は、静岡がモデルケースとなって、日本中に波及していくことも可能だと信じています。

また、今回のシェア会では、マイ助産師制度の課題への具体的なアプローチなどは、提示することができなかったこと、伝え方などなど私自身、反省することも多々ありましたが、それを糧にまた考えを深めていきたいと思います。

マイ助産師制度について、より深く学びたい方は、ぜひ、来週末14日(土)静岡県助産師講習会へお越しください。

助産師さん向けではありますが、一般の方も参加できます。

前述のドーリング景子さんから、マイ助産師制度のモデルでもある、ニュージーランドの周産期システムについても学ぶことができます。

私もお母さんの立場でお話しさせていただきます。

詳細につきましては、以下のチラシをご覧ください。

マイ助産師制度シェア会②につづく・・

マイ助産師制度シェア会の感想

出産ケア政策会議

Dear マイ助産師

 

 

 

 

 

マイ助産師制度シェア会の感想

静岡発!お母さんと考える『マイ助産師制度』

先日、初めてお母さん、学生さんたちに向けてシェア会をしました。レポートは後日まとめますが、参加された皆さんの感想です。

私自身、学んできたことの課題とともに、伝え方など、様々な反省点もありました。最初の一歩として、ここから『マイ助産師』が少しずつひろがって行くように、これからの糧にしていきたいと思います。

< 参加者の感想 >

 

マイ助産師制度について初めて聞いて、内容も分かってよかったです。助産師として、今後どうしたいのか考えるいい機会になりました。3人の方のお話も聞けて良かったです。
ありがとうございました。


不妊治療を経てのやっとの妊娠で、とても不安ばかりで。わからないことばかり、不安なことばかりでモヤモヤしている中で、助産師さんのことを知れて良かった。病院を変わってから、何度か健診に行っているが、まだ1度も助産師さんとは話ができておらず、誰に聞いていいかもわからず家に帰ってくることがいつもです。
マイ助産師さんをほしいと強く思いました。聞きたいこともいろいろ出てきたので、自分でも調べたいと思いました。


内容がとってもわかりやすく、制度がどういうものかわかった。だからこそ、もっとたくさんの参加者がいたらよかった。マイ助産師制度、すっごく共感しました。応援しています。私も頑張ります。


みなさんの出産体験の中で、マイ助産師の必要性を聞けたので、とても分かりやすかったです。自分自身は、総合病院、個人病院で出産したので、”助産師さん”という存在にピンときていないのが正直な気持ちです。いろいろな方の話を聞く機会がもっと早く(妊娠前や妊娠期)にあればいいなと思いました。


マイ助産師制度について、もっときちんと知りたいと思います。


このイベントを通じて、マイ助産師制度について知りました。マイ助産師による継続ケアの必要性や実現のための課題を詳しく知ることができました。また、3人のスピーカーの方から、お産体験やお母さんのための活動について、生の声・思いを聞くことができ、貴重な体験になりました。


助産院・病院の出産の違いを学ぶことができた。病院に勤める多くの助産師にも、My助産師制度を知り、実施に向けて動いてほしいと思う。また、これから妊娠・出産する方に、助産師や助産院を知ってほしい。広報が必要だと思う。


学生ですが、助産院を知らないお母さんたちがほとんどだと本当に感じています。病院での実習でも、助産師さんたちが熱心にケアしているのを目にしていましたが、やっぱりいつでも聞いてもらえる、安心感の違う助産院のすばらしさを改めて感じました。だからこそ、マイ助産師を広めていくことが本当に必要で、私も学生として、4月から、新人助産師としてできることがあれば、力にぜひなりたいと思いました。ありがとうございました。

尚、当日SBSテレビの取材がありました。ほんのちょっとだけ、シェア会の様子が放映されるかもしれません。

放映日は7月3日(火】18:15~19:00
SBSテレビ 6チャンネル
「イブアイしずおか ニュース」内のコーナーとのことです。

 


マイ助産師制度シェア会

マイ助産師って??

そんなところから始めます!!

お産という未知の扉を開けるとき

それまでの知識や常識、自分の中の当たり前が通用しなくなる

思い通りにいかないことが当たり前で

でも、それ自体を楽しんでしまえたら・・・

ちょっと発想の転換が必要になるかもしれません。

自分はどうしたいんだろう?!

知る・考える・選択する・行動する

産んだ人も、これから産む人も、産まないと決めた人も

未来へ向けて、今、みんなで一緒に考えたいと思います。

本当に大事な出産ケアのことを!!

 



 < 内容 >

*出産ケア政策会議の成果報告会のシェア

  • 出産ケア政策会議と私が参加した理由
  • マイ助産師制度について
  • スライド上映

『私の出産体験とマイ助産師』
  まるの輪助産院 森木静さん


まるの輪助産院の院長、森木さんは、ご自身も育児真っただ中のお母さんでありながら、へこおびのクラスや、発達応援のクラス、おむつなし育児のクラス、おんぶでパン教室などなど、お母さんたちに寄り添った講座を地域で積極的に開催されています。

丁寧でわかりやすい講座は、とても評判がよく、森木さんをマイ助産師さんとして頼りにしている、お母さんがたくさんいます!!

実は、引っ越しやお子さんの入学準備などで忙しいさなか、東京で行われたシンポジウムにも駆けつけてくれました!

今回は、ふだん、なかなか聞くことのない、お母さんとしての森木さんのマイ助産師さんとの出産体験、助産師としての想いや活動などについて語っていただきます。

*静岡の助産師さんたちとお母さんの取り組み

くさの助産院の草野さんによって、シンポジウムでも注目された静岡の助産師さん、お母さんたちの活動を紹介します。

*マイ助産師がいるということ

マイ助産師によるケアを受けたお母さんのお産体験を話していただきます。

助産師さん、お母さん、子育て支援者、学生さん・・・いろんな立場の方が参加表明してくださっています。せっかくの機会なので、シェア会終了後にランチ交流会を行います。ざっくばらんに意見交換ができたらと思っています。

そこで!

こちらでまとめて、お弁当の注文を承っています。
お産ラボスタッフおすすめ!!
松のやさんのお弁当(500円)を注文される方は、
27日までにメールしていただけると幸いです。
osanlabo@gmail.com

紹介したいイベント等ある方は、ぜひチラシなどをお持ちください。こちらもシェアしたいと思います。

Facebook イベントページへ 

 

 

 

こんにちは、赤ちゃん!

夏至の昨日、

お産ラボに小さな仲間がやってきました♡

ただただ、可愛い

ひたすら、愛おしい

今回、妊婦さん、ご家族、助産師さんのご理解とご協力もあって、妊婦健診にも同行し、写真を撮影させてもらっていたので、赤ちゃんの誕生が、自分のことのように嬉しいし、とっても感慨深いです。

5月初旬、みんなの目線の先のモニターの中にいた赤ちゃん

ほら、ここにいるねって。

さらしをきゅって巻いてもらっている姿が、懐かしくって愛おしくって、私にとっても本当に幸せな時間でした。2週間前の健診の時は、実習中の学生さんも一緒でした。緊張気味におなかに優しく触れる学生さんたちと、どんっと構えて身を任せているお母さんの表情、どちらも素敵でした。どさくさにまぎれて、学生さんのあとに私もトラウベで赤ちゃんの心音を聞かせてもらいました。

助産院についてから10分という超スピード出産だったそうで、お産風景の撮影はかないませんでしたが、母子ともに元気そうで何よりです。お産ラボを始めてから3年目、いつも身近な仲間がお産するのは初めてなので、もう、親戚のおばちゃんのような気分です。自分自身のお産から、6年・・・
その時に、ここで生まれた赤ちゃんが、生後12時間の赤ちゃんを抱っこさせてもらている姿を見て、また感動

あやのちゃん、おめでとう!!

幸せな時間をシェアしてくれてありがとう♡

 

 

 

 

 

満員御礼!!

お母さんのためのさらし活用術!!

タマネギ染めをした、オリジナルさらしで、おんぶや抱っこをしてみましょう♪

AUTUMN FESTA さらしでおんぶ

一家に一巻!?
災害時など、いざというときに知っていれば役に立つさらしの活用法もお伝えします。

告知後、すぐに定員いっぱいになった人気の講座

いよいよ明日です。

洗って、絞って、濯いで、

ちょっと乾かして、ゴムでしばって、

その間に玉ねぎの皮を煮出して染色液を作って、

浸けて、ゆすって、沸騰させて、

待って、冷まして、絞って、

媒染液につけて、ゆすって、洗って、

絞って、干して・・・乾いたらアイロンがけ!!

1枚ずつ、丁寧に染めました!

いろんな模様や、ちょっとした色むら、手作りならではの味わいだと思っていただけたら幸いです。

工程をまとめてみました。

お茶にもなる万能タマネギの皮!!

5メートルあるさらしを染めるのは、ちょっと大変ですが、ハンカチや手拭い、Tシャツなどは簡単に染めることができます。

ちょっとした実験みたいで、親子でワクワクしながら染めるのも楽しいですよ!!