第6回お産ラボ

毎日、暑い日が続いていますね。

さて、お産ラボ 第6回開催の前日となりました♪
皆さまとお会い出来ることスタッフ一同、楽しみにしております(*^^*)♪
明日の場所のご案内と注意事項です。
ご確認のほど、よろしくお願いいたします。

《日時》 8/18 (木) 9:45〜12:00
(10:00〜開始が出来るように余裕を持ってお越しください )

《場所》 菜桜助産所

《住所》  静岡県富士市宮島1062-8

それでは、明日、笑顔でお会いしましょう〜♪

自然の力農園 早川さん

自然の力農園で体験農園の講師をさせていただいています。
1年間を通して畑の講義があり、道具や肥料、種苗も揃っておりますので、手ぶらで畑に来れます。もちろん野菜を収穫できれば、お持ち帰りオッケー!
駐車場や水場や休憩所もあるので、お子さんとお越しいただいても安心です。

ブランコ

*実家が農家でもないのに農業を始めた理由

僕が農業を始めた理由は3つあります。

➀学生時代に留学したフィジー人との出会い
20歳の時、日本の未来に希望を持てずに、日本から逃げるように海外へ行った。その地は、フィジーという国。
この国は世界で最幸の国と言えるほど素敵な人たちがいた。
大自然の中で、幸せそうに暮らしているフィジー人、
木を登ってココナッツ収穫したり、車直したり、ニワトリさばいたり、
「なんでもできる人、かっこいい!」と思い、自然の中で生きていきたいと思った。

➁21歳の時、インドネシアにいるときに東日本大震災が起きた。
僕は日本が大変なことになっているのに、何もできない。
自分の無力さを知り、日本に帰ることに。
放射能の問題で、食のことに興味を持った。
そこで「農業従事者平均年齢が65歳」「自給率が低い事。」「農薬、化学肥料使用量が先進国で多い国」という事実を知った。
誰が農業をやるんだ?俺がやるしかない!と闘志を燃やした。

➂人参で人を幸せにできると思った22歳
有機農家さんのところにお手伝いさせてもらった時、始めて人参の収穫して、その場で食べた。
その時の景色、香り、音、食感、色、味、すべて覚えている。
感動して言葉も出なかった、今までで一番美味しい人参。
「これで人を幸せにできる」と思った瞬間だった。

こうして僕の人生は農業への道へ進んでいく。。。

続けている理由

二つ

➀何かが育つのを見るのが好き。

僕は何かが育つのを見るのが好き。
植物、人、コミュニティーや社会
何かが育つのを見るのはわくわくする。
畑に人が集まって、何かが始まる。
美味しいものがあると、みんなが笑顔になる。
だから、野菜を育てるのは、やめられない。

➁もっとたくさんの人に畑に来て欲しいから。
畑はたくさんのことを教えてくれて、たくさんのものを分けてくれて、人の憩いの場所になります。
畑がある生活って、お金で買えない、豊かさがあると思います。
みんなが畑に来て、笑顔になってくれれば、僕も幸せです。

子供の歯磨き

IMG_5338 (2)

乳歯が生えそろう一歳半頃、丁度イヤイヤ期が始まります…
飴、チョコレート、誘惑は様々です。

長女が4歳になって保育園の歯科検診で、虫歯が見つかりました。
本人も私も毎晩頑張って磨いていたのでショックでした。
無事治療が終わってホッとしたのも束の間。

次女が1歳半の集団検診にて「初期虫歯」と診断されました。
小児歯科へ行ってみると「生まれた時から歯が弱い」とのこと。
唾液を取り、ミュータンス菌の数を調べてもらい、虫歯予防のためにブラッシング、フロスの使い方を教えてもらいました。

自分も小さい頃に歯医者さんへ通い、痛い思いをしているので
子供は虫歯にさせまいと思っていましたが、
時すでに遅し…身近な人からの唾液で菌がうつっていました。
「予防に徹するしか無いです」とのことでしたので、自宅でのフッ素入り歯磨き粉でブラッシング、歯医者さん歯科衛生士さんのクリーニングをお願いしています。

イヤイヤながらも歯磨きを頑張ってます!

お産ラボ

永久歯が生えそろう小学校まで後数年…
我が子の将来のために…

シャカシャカ!ピカッ!
乳歯が生えそろう頃に、一度歯医者さんへ行くことをお勧めします。

(mika)

いいかげんな生き方

私はとても大事にしていることがあります。

『いいかげん』

完璧主義では全然ないのですが、人よりも何か出来なかったりする自分が嫌だったり、考えすぎて行き詰まったりすることがよくありました。

どちらかと言えば『いいかげん』な人が嫌いでした。

でも自分なりに頑張ってやっていっても理想にはたどり着けない、どこまでいっても自分を好きになれない、そして何よりも人のことを認めることが苦手でした。

社会に出た辺りから頑張ることをやめました。

ある日突然と言うよりも徐々にそういう自分になるようにしていった感じです。

やらなければいけないときはやることはやります。

ちゃらんぽらんに生きると言う意味ではなく『良い加減』で生きる。

力をいれるところは入れる。
いれなくてもいいところは力を抜く。

簡単なようで難しい。
力をいれたくなっちゃうことはあるけど、それを抜くように努力する。

最近ではかなり板についてきてちゃらんぽらんになりつつありますが(笑)

親になってこの考えはより大切だと感じます。
心も頭も柔らかくいないと衝撃にも脆く、吸収することもできない。
子供たちには柔軟になってもらいたいから。
その場に合わせた行動、その人に合わせた対応ができるようになってくれるといいな。

s-IMG_9280

長男はなんだか几帳面でこうと決めたらこうしなければ!みたいな考えがある子に育ってしまっているように感じます。
きっとそれは私が多かれ少なかれそんな風に接してきてしまっているからだと思います。

s-IMG_9301

その分次男は少しのことでは動じないいい意味で『いいかげん』な感じです。

子供の成長からも自分のことに気づかされる。
こんな私でも長男には神経質になっているのだろうな…

まぁ二人ともいい子に育ってるから細かいことはいいんだけどね~
13410491_972619752864209_478028093_o

私も日々勉強、悩み続けてますが、人生『いいかげん』がちょうどいい。
ゆるく、楽しく、笑顔で
いれたらいいなと思います。(Miho)

満員御礼!第6回お産ラボ

東部初開催、富士市の菜桜助産院で開催する第6回お産ラボ
定員に達しました!!

今回、お母さんのためにいろんな活動をされている菜桜助産院
で開催できること、とても嬉しく思います。

また、静岡を飛び出して、お産ラボ、初めての遠征にスタッフ一同
わくわくしています。

キャンセル待ちにはなりますが、受付は継続していますので
気になる方は、ご連絡ください。

第6回お産ラボ