タグ別アーカイブ: 藤枝第一建設hibiki

第19回 お産ラボin藤枝

10月半ばに開催された第19回お産ラボには、イブアイ静岡の取材があり、1歳のママで8月に仕事復帰された重長アナウンサーも参加し、ご自身のお産についてお話してくれました。

 
…家族が増えること、愛が増える。

お産ラボ 
 
…つわりなど妊娠生活は辛かった。お産はとても幸せだった。
       赤ちゃんが産まれてからが本当の出発
助産院で自然なお産をしたかった。
実家が、福岡なので産後周りに相談する人がいなかった。体も心も大変だった。だからこそ今は、産前、産後のママ達のお手伝いをしたいと思っていて勉強してる。出産を通じて自分は輝けた。

お産ラボ 
 
…不妊治療をして授かった。家族みんな喜んでくれた。
治療中も先生や看護師さんがすごく応援してくれた。
今は子供は2歳で大変な時ではあるが幸せな時だと思いながら子育てしている。
そして、2人目の治療にもチャレンジしようと思っている。

お産ラボ 
 
…お産は一番のことだらけだった。人生で味わったことのない感動だった。一番の子ども。一からのスタート。子どもを産んで一人前に近づけた。一番大変。そして、出産の時は旦那さん、母親、先生、助産師ご一致団結してた。

お産ラボ 
 
今回は、イブアイ静岡の取材でいらしていた男性のカメラマンさんにも聞きました。突然おっさんラボ!

お産ラボ 
 
…生きている。動いている!
父親の喜び、嬉しさは母親のような感動とは違うようで、自分の喜びは母親には伝わりにくい。
娘さんは17歳ということだったので、先輩パパのお話でとても興味深かったです。
 
レポートを書くのが遅くなってしまって、ちょっと前のことになってしまいました。4ヶ月ぶりにお産ラボに参加して感覚を忘れていました。

お産ラボ 
 
お産ラボの時の参加者のママ達のパワーというか輝きが素晴らしかったです。話しをしていくうちに、どんどん表情が輝き出す参加者さん。私が1年前に初めて参加した時に感じた感動を思い出してワクワクしました。そのワクワクで心がザワザワと騒ぎ出して落ち着いて振り返る事が出来なかったのです・・・・
 
その間にいいお産の日のLOVE BIRTHのイベントもありました。

LOVE BIRTH5

会場は温かなキラキラした空気に包まれていました。

これがお産ラボにある不思議な力。
これをまた、味わいたくて私はスタッフになりたいと思いました。
そして今は、これをたくさんの人に感じて欲しいと思っています。
 
取材にいらした重長アナが「お母さんってスゴイですね!」と、おっしゃっていました。カメラマンの先輩パパは「母親は子どもにしっかりしてもらいたいと思っている。」とおっしゃっていました。

我が子を産んだだけで私はすごいし、我が子は産まれてきてくれただけでありがとうって思ったんだったと思い出して、三人の子育てに疲れていた私の心が緩みました。

そう・・・私の心、張り詰めてパンパンだったんです。

それがお産ラボで緩んでふにゃふにゃになって落ち着いてないように感じていたのだと思います。
しばらくしたら柔らかくまとまっていい感じになりました(*^^*)

お産ラボ 

次回のお産ラボも楽しみです。(Chie)

お産ラボ日和!?

秋の長雨・・・
連日、冷たい雨の日が続いてます。

もはやお産ラボと雨は定番ですが、第19回お産ラボを藤枝第一建設さんのショールームHIBIKIで開催しました!!

外は冷え冷えとしていましたが、座談会はとっても温かな空気に包まれました。

けいちゃん・重長アナ

今日は、SBSテレビに取材していただきました。
お産ラボにとって、初めてのテレビ取材でしたが、重長アナウンサーをはじめ、みなさんが場を作り上げてくれました。

お母さんって、やっぱりすごい!!

その想いを共有できたことが嬉しかったです。

今日の様子は、10月20日(金)夕方4:45~の『イブアイしずおか』のこどもナビのコーナーで放送予定です!

レポートは、近日中にまとめます。

AUTUMN FESTA !!

とっても長く感じた夏休みも今日まで!!
隣で必死に宿題をこなす息子たちを横目に、母は、9月へ向けて、心が弾んでおります(o^―^o)

さて、第一建設さんと、TOTOさんのコラボイベント『 AUTUMN FESTA 』でお産ラボもワークショップします!!

21077744_10214624607597025_1811082421528056163_n

ハンドメイド作家による手作りマーケットやマルシェ、親子で楽しめるワークショップ、
21078339_10214624608357044_6343469241218191645_n

専門家による暮らしに役立つセミナー!!
個人的には、ピカピカおそうじセミナーかなり気になってます・・・

21077405_10214624608317043_8884382635673444011_n

さてさて、お産ラボは何をするかというと・・・・

災害など、いざという時にも何通りにも役立つさらしの活用術、そしてTOTOさんにちなんで、先日も好評だったおむつなし育児についての体験談なども盛り込んだワークショップです!!

21105513_10214624608277042_2480214801289253310_n

なんと、草木染(今回は、玉ねぎの皮!!)をした特製さらしのプレゼントつきです。実際にそのさらしを使って、赤ちゃんのおんぶや抱っこも学びます。

20769988_1495062383904834_7847880123755549599_n
(玉ねぎ染をした布巾)

巻いて、結んで、しばって、拭いて、敷いて、切って・・・・

知っていれば、何通りもの使い方で大活躍するさらしを、お母さんたちにぜひ知ってもらいたい!!
一家にひと巻、防災バックに常備していただきたいです!!

✩AUTUMUN FESTA 

 会     場     TOTO YKKAP 
             静岡コラボレーションショールーム
             静岡市駿河区曲金7丁目1-6

ワークショップ開催時間  13:30~
 
 定     員     先着5名様

 参  加  費     1000円

 お 申 込 み     ご予約フォーム
             または、第一建設(株)藤枝支店
             TEL 054-645-5900まで!!

こんな使い方もあるよ!なんてアドバイスもあれば、ぜひ教えてくださいね!!
お産ラボと一緒に、楽しみながら、学びましょう♪

おしりふじのおむつなし育児講座‼︎

お産ラボプレゼンツ、 藤枝 第一建設でおしりふじのおむつなし育児講座を行いました‼︎
 
◆おむつなし育児とは?

なるべくオムツを使わず、オムツで排泄することを当たり前としない育児法です。
なにより、オムツの外ですると気持ちがいい‼︎
 
おむつなし育児をすると赤ちゃんをよくみる機会が増えるので、コミュニケーションがとりやすくなり、育児が楽しくなったというお母さんもたくさんいます^ ^
トイレトレーニングとはまた違う、
今すぐできる赤ちゃんの気持ちに寄り添った排泄ケアです。

おしりふじ
 
◆おしりふじとは?

おしりふじは、子育て中助産師5人で活動しています。 おむつなし育児アドバイザー養成講座を修了し、おむつなし育児を静岡に広める活動をしています。

おしりふじ
 
 
そんなおしりふじのおむつなし育児講座は、今回大人9人子供11人とたくさんの方が来てくださいました!

おしりふじ
 
講座はおむつなし育児とは?からはじまり、
具体的なやり方や続けていくコツなどを実際の体験に基づいてお話していきました。

おしりふじ
 
頷きながら聞いたりメモを取ったり、積極的に質問してくださるなど、講座はとてもいい雰囲気^ ^
 
おしりふじ
 
講座の後の“おまる試乗会”も大盛り上がりでした。
 
 
今実際におしりふじの子供が使っているグッズを体験や方法を聞きながらいろいろ試せちゃうのが、面白いところ‼︎
こんなにたくさんのおむつなし育児グッズが勢ぞろいです‼︎
 
おしりふじ
 
またみんなママ助産師なので、
気兼ねなく今の子育ての相談ができるため、話は尽きず…時間ギリギリまでみなさん笑顔で過ごしてくださりとても楽しかったです‼︎
 
☆講座受講後も受講者限定交流会や非公開のFacebookページなどで悩み相談のフォローアップ付き‼︎
 
おしりふじ

仲間とともにおむつなし育児を通して、育児がどんどん楽しくなるといいな‼︎と思いました^ ^
 
★今後のおしりふじ予定★

9/16 AUTUMN FESTA (TOTO YKKAP静岡コラボレーションショールーム)
『お母さんのためのさらし活用術 おむつなし育児のお話』
 
9/30 やってみよう!おむつなし育児講座inEPO
 
もっと知りたい!いろいろ知りたい方は、こちら⇒★おしりふじFacebookページ★

おむつなし育児に興味のある方、
ぜひぜひおしりふじと一緒に楽しくおむつなし育児をやりましょう^ ^‼︎

さてさて、お知らせです。「おむつなし育児研究所」所長の和田智代さんの講演会が島田市で開催されます。
今回の講座にも参加してくださった岡村さんが主催のイベントです。このチャンス、お見逃しなく!!

おしりふじ

第16回 お産ラボ in 藤枝

先日、第16回お産ラボが藤枝第一建設HIBIKIで開催されました。

今回、焼津でママと赤ちゃんの笑顔を100倍にするおっぱいライフサポーター、片山母乳相談室の片山さんが参加してくださいました。
自治体の産前産後ケア事業の内容の充実度や料金はまだまだ地域差があって、すべてのお母さんに対応できるものではありませんが、お母さんと赤ちゃん、またその家族は、地域に暮らす助産師さんを頼ることができます。

さて、今回も自己紹介とgood and New!!から始まりました。

みなさんの一文字は、『尊』 『安』 『耐』『知』『神』

お産ラボ 藤枝HIBIKI

『尊』

い命、赤ちゃんと母体のことを知り尽くしている助産師さんを敬。
クリニック、助産院でのお産を体験。1人目のお産、恥骨の痛みに対する「しょうがない」のひと言などで感じた違和感から、産み方について考える。
助産院では、自分のために1時間もかけてケアしてくれた毎回の検診が楽しい、そして感動。モニターの小さな小さな赤ちゃんに対して、”まぁ小さい、可愛いねぇ。楽しみだねえ。”お産も自由に、自然に安心して産めた。ずっと寄り添ったケアをしてもらえた。

『安』

1人目が死産だったため、とにかく無事に生まれて、安心し、安堵感でいっぱいだった。通っていたクリニックでは、医師の診察の前に助産師さんに相談する時間があった。バースプランも提案もいろいろあって、お任せすることにした。妹の乳腺炎での通院を目の当たりにして、妊娠からお産・産後は育児本通りにいかないことを学んだ。

『耐』

自分の骨盤に自信がなかったため、仕事場である病院でお産をした。医療的には安心してお産に臨めたけれど、現場の状況に気を遣って、ひとり耐えていた。病院では、安全が優先ではあるが、お産は自然に進んでいくもの。お母さんたちには満足してほしい。フォローはお産後にもできる。納得させてあげられるような対応をすることも大切。
15年ほど前は、双子や逆子も自然分娩していた。

お産ラボ 藤枝HIBIKI

『知』

1人目のお産では、自分と家族との関係性を知った。あらゆるケアをしたのに、21時間もかかったことで自分を責めた経験も。
何が自分にとって気持ちいのか、自分の体と向き合って、自分がこうしたいを貫いた。経産婦だと、こんなにも陣痛が乗るものなのかと、体の変化をとらえ、助産師として、自分の体を知った。不必要な医療介入をなくすこと、フリースタイル、無理にいきまないなどなど、すべてに対応してもらえた。

『神』

結婚後すぐ、20代半ば、病気のため「お子さんはあきらめて」の宣告。あきらめきれず、8年間続けた不妊治療、体外受精・・・そして妊娠、出産。人工的なお産に後ろめたさはあったけど、細胞の時から成長を見守り続けることができた。
”こんな私でも、お母さんになることができた!!” 
2人目は10年前に冷凍保存してあった受精卵で。そして、3人目はなんと自然に妊娠、出産。とっても神秘的、お産に宿る神様の力を感じた。実際のお産では、無の境地。陣痛の痛みも死んだふりして、体力を温存、夫からの問いかけや励ましも無視してエコにつとめた。s-IMG_1874

昨今、無痛分娩がニュースで取り上げられています。お産を取りまく状況は、日々、変化し続けています。産み方も様々、産まれ方も様々・・・でも最終的な命の誕生は、神の領域なのだと思います。

女性は、お産を通して、本当にいろんなことを学びます。いろんな感情が出てきます。とても一人きりでは抱えられないものです。だから、寄り添ってくれる人がいたら、心強いです。

今回、地域のお産事情のこと、助産師さんのこと、バースプランのこと、人工破膜のこと、体外受精のことなどなどいろんなお話がありました。まだまだ、知らないことがたくさんあります。

お産について、もっと知っていく、知らせていく、お産ラボは、これからも、そんな役割を担いたいと思います。

参加してくださった皆さん、またお話しましょう♪

お産ラボ 藤枝HIBIKI

*焼津・藤枝周辺のお母さんへ
産後や母乳のことで困ったら⇒片山母乳相談室

6月のお産ラボ

 6月は唯一の祝日がない月・・・そして梅雨

お母さんにとって、洗濯には悩ましい季節ですが・・・
畑では、水と太陽の光をいっぱい浴びた野菜たちがぐんぐん成長し、一面に水が張られた田んぼでは、一斉に鳴きだすカエルや虫たち、それを狙う鳥たちの攻防を垣間見ることができ、生命力がそこら中にあふれています。

さて、何かと雨にご縁があるお産ラボの6月の予定です。

< お産ラボ 6月の予定 >

13日(火)10:00~

助産院へ行こう! いぶきの助産院編

駿河区丸子にあるいぶきの助産院に伺います。

いぶきの助産院(静岡県助産師会HPより)

20日(火) 10:00~

助産院へ行こう! おはな助産院編

御前崎市で唯一の分娩施設として奮闘中のおはな助産院に伺います。

おはな助産院HP

*助産院へ行こう!では、上記、2施設を見学したい方をそれぞれ1,2名ずつ募集します。
当日は、施設見学のほかに、院長である助産師さんのお話を聞いたり、そこでお産をされたお母さんとプチお産ラボを予定しています。

29日(木) 9:45~12:00
第16回 お産ラボ 藤枝第一建設HIBIKI

素敵なモデルルームで、2ヶ月に1度、お産ラボを開催させていただいてます。
Culasu+(暮らすプラス)
第一建設プロデュースライフスタイルイベントより

*イベントへの参加申し込み,質問等は、osanlabo@gmail.comからお願いします。
尚、29日の第16回お産ラボについては、上記のCulasu+からもお申込みを承ります。よろしくお願いします。

まだはっきりお知らせできないのですが、あんなことや、こんなことも、あったりします?!
マイペースではありますが、お産ラボ、丁寧に積み重ねていきたいと思います。

kyoto

また、先月から、出産ケア政策会議に参加しています。今後1年間、毎月1度、京都へ通い、お母さんとして、お産をとりまく課題に取り組んでいきます。お産ラボでたくさんのお母さんから聞いたリアルな声を届けていきたいと思っています。まとまり次第、こちらでもシェアしていきたいと考えています。

藤枝でお産ラボ!

今回はファシリテーター含めて5人という少人数。ゆったりした時間になるかと思いきや、産まれて1か月の赤ちゃんをはじめ、子どもも大人と同じく5人が参加して、わきゃわきゃ賑やかで、自分の子どもが辿ってきた道を懐かしく思ったり、ちょっと歳上のお兄ちゃんたちを見ながらこれからこうなってくのかーとワクワクしたりして楽しい時間でした。

s-IMG_1692

産んだ場は助産院・クリニック・総合病院と4人それぞれでしたが、妊娠~出産~産後で大なり小なり苦しんだり不安になったりしたのはみんな同じでちょっとほっとしました。

半年前、初めて参加したお産ラボでは、お産の経過に納得がいかなくて「何でこうなっちゃったのかな。妊娠中にもっとできることなかったのかな」とかいろんな思いが交錯して涙が溢れて仕方がなかったのですが、今回は笑いながら話すことができたのが自分でも不思議でした。

人と会って語るってそれだけで何だか不思議な力が込められていて、エネルギーもらえる感じがします。少人数だったけど話題は尽きず、気付くと時間オーバーしてました。

私以外の皆さんは3人以上の子どもを持つお母さん。

「子どもが歩けるようになると赤ちゃんの時代が懐かしくなって、また欲しいって思っちゃうんだよねー」

「宝くじ当たったら何人でも産みたい、育てたいって思う」

「赤ちゃんて最後はやっぱりお母さん!お母さんてすごい!最強!」

て言葉にうんうんと妙に納得。最後は「できることならもう一人欲しいよねー」

お産を語る、ただそれだけのことだけど各地でお産ラボみたいなことやったら少子化打開されるんじゃないか⁉と思ったのでした。
赤ちゃんがいて、子どもがいて、お母さんが笑って、泣いて、子どもたちが絡み合う。何てほっこりした時間なんだろう。

お産ラボ

今回も参加できてよかったです。

さちえさん、お産ラボ立ち上げてくれてありがとう。

ファシリテーターのちえさん、深呼吸をありがとう。

第一建設さん、心地のいいお家でした。

これからもたくさんの赤ちゃんと子どもとお母さんに会えたら嬉しいです。(Masayo)

お産ラボ in 藤枝

春があちこち顔を出し始めていますね。
空気が澄んで、美しい富士山の姿を見れる冬も好きですが
息吹を感じる春、なんだかとってもワクワクします。

さて、週明けの27日(月)藤枝第一建設さんのショールームhibiki
でお産ラボ開催します!

お産ラボ

木の香りが漂う、明るく開放的なお部屋で、素敵な時間を共有できるのを楽しみにしています。

hibiki

『暮らしに五感をプラスする』

第一建設さんのコンセプトがとっても素敵!
ふだんの暮らしに彩りをくわえる魅力的なイベントをたくさんプロデュースしています。そちらも要チェックです!

第一建設さんのご厚意で、来年度から2ヶ月に1度、お産ラボを開催予定です。静岡市から始まった活動が、少しずつ広がっていることを嬉しく思います。