「ママの元気の応援団 mama+」タグアーカイブ

mama+『お産ラボとお産を語ろう』

ようやくレポートまとめました!!

先月末に袋井市で開催されたmama+の7月講座

『お産ラボとお産を語ろう!』

託児付き、ランチ付きという、特に育児中のお母さんたちにとって最高に癒されるmama+の講座を私たちも満喫しました!!

今回は、お母さんだけじゃなく、初妊婦さん、助産師さん、それから、なんと男子学生さんまで参加してくださり、いろんなお話が聞けました。

なかなかありそうでない、お母さんと妊婦さん、助産師さんと妊婦さん、学生さんとお母さんの出会いの場ともなり、この先にコラボ企画があるかもしれません・・・お楽しみに♪

いつものように、お産をイメージした漢字一字を発表しながらお話ししていただきました。

この一字を書く瞬間、みなさんの表情は、いつもキラキラして見えます。頭の中に広がっているドラマや感情がたったひと文字に込められているので、とっても奥深いです。

「愛 」「未」「怖→愛」「待」「生」「嬉」「希」「感」

「愛 」
以前、おっさんラボに参加したときに、お母さんや助産師さんの話が知らないことだらけだった。男性がお産について知ることは大切だと思う。

「未」
妊娠4か月。引っ越してきてから4年。持病があり、減薬という妊活3年。興味ありつつもドラマや映画など、情報ありすぎてわからないことも…未知の世界だけど、すぐ先の未来のこと、楽しみたい。

「怖→愛」
周りの友達や医療者から聞いた体験談が難産エピソードばかりだったため、初めのうちは漠然と恐怖しかなかった。出産間近まで、安産の話がなかったことに気づいた。自身のお産は、教科書通りのお産らしい。命(子ども)を愛でるには愛が必要だなぁ。

「希」
家庭環境に恵まれていなかったから、自分の家族がほしい。妊娠・出産に対して、怖いとか、不安はない。自分の未来につながっていくものだと希望を持っている。

「待」
なかなか妊娠しなかった。妊娠してからも、体がつらく不快感がお産まで続いた。弱い陣痛に、進まないお産・・・難産だった。長かった。2人目の妊娠も楽しめず、早く出したい!大きくなるのを待っていた。

「感」
1人目は病院で、知識もなく、病院へ行ったら産ませてくれると思っていた。2人目は自宅で。妊娠中いろんな人の話を聞けたからか痛みの中に気持ちよさを感じられた。そのことにも感謝。
「頑張るとうまくいかない、うまく産もうとしなくていい」と聞いていた。やりたいようにしたらスムーズで、知識があれば、楽しめる。また次も楽しみ。

「嬉」
助産院でのお産、朝7時から、夜10時までずっと側で夫と助産師さんがさすって励ましてくれた。一人ではなく、周りの人に助けてもらって産めた。両親もとても喜んでくれた。お産を通して嬉しいことがたくさん増えた。2人目の妊娠・出産で友人も増えて、嬉しいことがさらに増えた。

「長」
予定日から10日たっても生まれなかった。30時間の陣痛で促進剤も効かず・・・別の緊急手術で周りのスタッフがいなくなるという事態も!!長かったけど、妊娠・出産は楽しかった。13歳になる娘は今も、自分にとっての試練ではあるけど・・・

「生」
お産は、人の生き方を変えるほどのエネルギーを与える。
どんなお産をしたか、形ではなく、どう向き合ったのか、どう考えたのか、過ごしたのかが大切。
身体も心も解放し出し切ると、セックスと同じように、お産も、痛いとか怖いの向こうに心の奥に気持ちいい感覚がある。
そんなお産をしたくて、助産師になった。お産後、沸き上がる感謝の気持ち、幸せすぎて怖くなる感覚・・・いろんなエネルギーをもらいあふれた愛は、家族や赤ちゃんに向けられ、絆が生まれる

ほどよく子どもたちも遊びまわって、にぎやかで温かいお産ラボになりました。
共感できること、驚くこと、新たな気づきや視点・・・お産って本当に奥深いなぁと思います。


きっと、お産体験を話したい人も、それを聞きたい人もたくさんいると思います。そんな場をこれからも作っていきます!

ランチタイムの後には、「マイ助産師制度」についてお話をしました。いろんな課題はあるものの、制度実現に向けて、今は、少しでも多くのお母さんたちに知ってもらうことが大事だと思っています。
出産ケア政策会議への参加は、今後も続きます。
これからも、進展やシンポジウムの紹介など、情報をシェアしていきます。
また、詳細や課題などを知りたい方がいましたら、連絡くださいね!一緒に、マイ助産師制度について学んでいきましょう♪

主催のmama+さんがレポートしてくださってます。
こちらもぜひ、ご覧ください。
今後も、素敵な講座がいっぱいです。

これからも、袋井のお母さんたちの活動に注目です。

さらに、4月に分娩設備も整ったお茶畑助産院が誕生します。
素敵なお話をしてくださった、助産師の高橋さん!!


ぜひ、助産院見学させてくださいね!

参加してくださった皆さん、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

ママの元気の応援団 mama+

いつのまにか梅雨が明け、連日、厳しい暑さが続いています。

台所に立って「暑い・・・」

洗濯物を干して「暑い・・・」

掃除機かけて 「暑い・・・」

あ・つ・い 3文字が呪文のように繰り返されています。

「暑い、痛いは1回言えば分かる!!」
忍耐強かった、ひいおばあちゃんの言葉と凛とした姿を思い出します。

さて、来週26日は、お産ラボ in 袋井!!

袋井の、ママのためのママによるサークル
mama+でお産ラボ&マイ助産師制度のシェアします

ママの元気の応援団 mama+

袋井のママが元気になることをそしてママが元気になって家族が幸せになることを応援!!目指すは・・・

「孤育てママ」を失くすこと!! 

2010年に結成され、毎月1度、講座を開催されています。

そして、なんと!!
託児付き・ランチ付き
自分時間とコミュニケーション

24時間育児に向き合うお母さんへの最高の心遣いです。

1)ラブバースによる「いのちって素晴らしい!!」
2)NPO法人静岡災害支援隊による「ママの目線の防災講座」
3)妊婦さんとママのための骨盤ケア講座

上記の目玉講座に加え、ドキュメンタリー映画の上映やクラフト講座、写真整理術などなど、お母さんたちのニーズやリクエストにも対応する素敵な講座ばかりです。

そして、7月の講座が、お産ラボ!!

お産ラボにとっては、初めての袋井!!
個人的には、小学校の時に夢中になっていた剣道の試合で何度か訪れたことのある思い出の場所!!

袋井で育ったmama+と、そこで育ったお母さんたちのつながりを肌で感じてきたいと思います。

周産期のお母さんは、毎日ジェットコースターに乗っているように心も体も揺り動かされます

ワクワク・ドキドキ・喜び・不安・恐怖・・・

お産体験を話すと、すぐに子どもに会いたくなります♡

申し込み受け付けは、23日まで
絶賛募集中!!

袋井のお母さんたちにお会いできるのを楽しみにしています♪

お申し込みは⇒こちら
または、mama+世話人の中越さんまで。
氏名・電話番号・お住まいの地区、託児(200円/1人)希望の方はお子さんの名前と年齢を添えて。
中越(ナカゴエ)  mail  mamaplus26@yahoo.co.jp  
tel  090-5869-0664