「しずおか女性の会」タグアーカイブ

しずおか女性の会 × お産ラボ

お産いま、むかし
~語ろう世代を超えて~

しずおか女性の会に声とコラボイベントを開催します!!

お産を語る女性の目はキラキラしている
10代だって、80代だって
深く心と体に刻まれた記憶が瞬時によみがえる

命の重さに向き合い、過ごした経験

嬉しかったこと、笑ったこと
辛かったこと、泣いたこと

時代が変わり
社会が変わり
家族の在り方が変わっても

お母さんはたくましい

世代をこえて、お産の話に
花を咲かせましょう♪

しずおか女性の会主催、お産ラボとのコラボ企画!!
*2回講座です。(1日のみの参加もOKです)

参加費 無料

第1部 
9月28日(土)
白井千晶教授 講演
「日本の子産み、子育てについての変遷と課題」

日本のお産は、どのように変わってきたのか?
社会の中で、お産、女性はどのように位置づけられているのか?
今のお産をめぐる課題はなにか?
ざっくばらんにお話ししていただきます。

第2部
10月4日(金)
お産ラボ
しずおか女性の会のメンバーの皆さん(お母さんの大先輩方)たちとともにに世代間で異なるお産についてお話ししましょう。

時代が変われば、お産も変わる!
でも、変わらないものだってあるはず!

30、40年前はどんなお産が主流だったのか?
お母さんたちはどんなことで悩んでいたのかな?
今のお母さんは、どんな不安を抱えているのかな?

お互いの想いを共有し、未来のお産についても想いを馳せます。

しずおか女性の会とは

女性たちの歴史に、真正面から向きあいたいとの思いから、1977年(昭和52)年に会を発足。市内の女性団体がネットワークを組んで活動。
女性の視点で市政へ提言。男女共同参画推進をめざして講演会・講座など開催。また、研修旅行、市の女性先駆者『道を拓いた女たち』のパネル展示や冊子刊行なども。女性会館アイセル2階「喫茶あいせる」を運営。

40年以上も地域に根付いた活動をしている女性グループです。
打ち合わせでは、30年以上前のお産の話に花が咲きました。

白井千晶教授の編著『産み育てと助産の歴史』
とっても興味深い内容です。  

産み育てと助産の歴史: 近代化の200年をふり返る

新品価格
¥3,024から
(2019/9/17 16:55時点)

教育研究者・歴史学研究者・社会学研究者・助産学研究者・ジャーナリストなど14名に上る多彩なメンバーが執筆した本書。お産をとりまく200年の歴史の中で、取り上げ婆から産婆・助産婦・助産師と、その名称を変えながら活動してきたことのみならず、堕胎・水子供養・養子縁組・捨て子・受胎調節・母乳・産後うつなどリプロダクションのさまざまな事象を取り上げている。
(レビューより)

お産ラボ 9月の予定

 いつのまにかセミの鳴き声も聞こえなくなって、朝晩もすっかり秋めいてきました。
 9月から2学期というのが染みついている私にとって、8月末に学校が再開することや2学期制がいまだに慣れないし、不思議な感じがしますが、夏休みが終わったこと、素直にうれしい(笑)

お母さんは、休みの日のほうが忙しい・・・

さて、8月はイベント以外はお休みしていたお産ラボ!!9月は、とっても素敵な福工房さんでお産ラボするほか、コラボイベントや現在進行中のプロジェクトを形にしていきます。

< お産ラボ 9月の予定 >

*20日(木)第33回お産ラボ@清水
  今回から福工房さんの天竜檜の香る
   モデルルームで開催します。


  

*28日(日)しずおか女性の会×お産ラボ

40年以上にわたる市民活動を行っている女性グループである
『しずおか女性の会』
大先輩方に声をかけていただき、世代をこえて、お産のお話をシェアし合いたいと思います。

 お産いま、むかし
~語ろう世代をこえて~

第一部 講演会 
「日本の子産み、子育てについての変遷と課題」
講師:白井 千晶氏(静岡大学人文社会学部教授)

第二部 お産ラボ(10月4日)

詳細は以下をご覧ください。

しずおか女性の会研修会チラシ