スタッフミーティング

先日スタッフミーティングを行いました。

お産ラボスタッフミーティング

今後の決まっている予定についてや、これからの会場のことチラシやホームページのことなど話をすることがたくさん。

お産ラボスタッフミーティング
毎回思うけどお産ラボスタッフはみんな人脈や知識を上手に使っていろんな輪を広げていて、行動力もあってすごいんです。巻き込みながらコミュニケーションをというマキコミュニケーションなんて言葉もピッタリ!

そしていつもお産ラボ参加者の皆様に書いて頂いてるアンケートをみんなで書き、スタッフのお産についてそれぞれのお産の満足度や思いを発表。

お産ラボスタッフミーティング

ホントにお母さん達って何年経っても何度か産んでも自分のお産の事は覚えてるものですよね。アンケートを書いているだけで涙が溢れ出るスタッフもいて出産への思いの強さをとても感じます。
まだ全員ではありませんが1人1人、1回1回の素敵な体験談を聞けました。

やはり出産時だけでなく、産前産後のケアがもっと充実できると満足度が上がるのかなという印象です。

私達もまたまだ育児に奮闘中な母親ですが、少しでも経験したことや、悩んだこと困った事をこれからの活動に生かしていけるといいです。
(Ayumi)

助産師さんに相談しよう!!

前回の産後うつのお話は、スタッフの間でも話題となりました。
ふり返りながら、お産ラボができることは何か考えました。

スタッフの感想としては・・・

お産で大変な思いをして、精神的にも体力的にも落ちていると余計に不安定になる産後。。
その不安定な気持ちに寄り添ってもらえる場所がなくて、辛い想いをする方が多いのだと改めて考えさせられた気がします。

ただ話を聞いてあげるだけで軽くなる気持ちを、ずっと抱え込んだまま初めての育児をする大変さ。
自分も1人目の時、軽くうつだったのかなぁ、とか思いました。
(そこまで酷くは無かったけど「自分は育てられないんじゃないか」と思ってました)
産前、産後のお喋りに付き合ってくれる場所、人、の大切さに気付かされました。
妊婦さんが気軽に集まってくれると良いな(^^)

産後うつは産後のお母さんなら誰にだって起こりうること。
精神科を案内する前にもっとケア出来る場所があったと思う…。
そんな場所にお産ラボがなるといいな♡

スタッフなのに、毎回お産の話は涙腺ゆるゆる。
私は産前より産後が不安で仕方なかった。
初めてでわからないことがわからない。
母子手帳読んでも、頭に入ってこない。
産後あるあるなんだって。新しいことが覚えられない。
病院は1ヶ月で問題なければ『さようなら』
予防接種や定期検診、子どものケアはあるけど。
産後のお母さんの検診はないもんな。
もし悩んでる人も、地域にいるからね。
困ったら近くの助産師さんに相談してみてほしい。
私は5ヶ月の時に

『歯が生えてきました!
どうしよ〜!!離乳食始める??歯ブラシする〜??』

って電話しました。

『そりゃ、歯は生えてくるもんだから!笑』
と優しく言ってもらって救われました。
こんな質問にも優しく答えてくれる、助産師さんの
存在はとても大きかったです。

助産師さんは、助産所だけでなく、病院でも、市町村の保健所でも活躍されています。
妊娠してから産後まで、みんな必ずお世話になる助産師さんですが、お産ラボでお話を伺っていても、その存在があまり認知されず、お互いに想いが届いていないことに気づきます。

それはすごく、もったいない。

最近では、実母であっても、お産や子育てに関して、その方法や考え方にギャップがあるために気軽に相談出来ないケースもあるそうです。
その点、助産師さんは、お産に関するプロフェッショナルであると同時に、赤ちゃんの成長だけでなく、親身になって、お母さんの体やこころの悩みや不安に寄り添ってくださる存在です。赤ちゃんのことだけじゃなく、自分のことをお話したっていいんですよ。

妊娠から産後、女性の体と心は想像以上に大きく変化していきます。不安になったり、悩んだり、そんな時、頼れる存在があるんだということを知っているだけでも違います。

静岡には、たくさん素敵な助産師さんがいます!

 ☆葵区・駿河区の方はこちら👇

あなたの街に助産師がいます(PDF)

 ☆清水区

庵清庵助産師会

お産ラボは、お母さんと、助産師さんをつなげる役割を担っていきます。

マキコミュニケーション?!

先日、お産ラボスタッフでミーティングを行いました。
(詳細は、また後日レポートします。)

たった2人で立ち上げてからもうすぐ3か月になりますが、今や、志の高い10人の仲間と一緒に活動しています。
それぞれが、みんな小さな子供を抱えるお母さんです。

家事、育児、仕事で日々、忙しく過ごしている中、時間に制約もあるので、なかなか集まって話し合うことは出来ません。それでも、SNSなどを利用(本当に便利な世の中になったものです)して、情報や知識をシェアしたり、連絡を取り合ったりしています。長く、無理なく、楽しく続けるために、家事・育児を最優先しながら、空いた時間に自分が出来ることを少しずつやっていくというスタイルがお産ラボ流です。

それぞれが得意なことはシェアして教え合い、苦手なことは補い合っていくうちに、一人ひとりがパワーアップして、とてつもなく大きなパワーを生み出します。

お産ラボが大切にしていること、それは

『 マキコミュニケーション 』 : 巻き込む+コミュニケーション

どんどん巻き込みながら、お互いに刺激し合い、吸収していくこと。ベクトルが同じ仲間が集うと、どんどん加速度が増し、パワフルに進化していきます。

2人から10人へ増えたスタッフとの活動を通して、まさに、それを実感した3ケ月でした。

とってもありがたいことに、お産ラボにはたくさんのサポーターがいます。お産ラボとしても、多くの方の期待に応えていきたい!そのために、これからも、マキコミュニケーションを進め、どんどん、いろんな方やものをを巻き込んで、楽しみながら、自分たちの目標に突き進んでいきたいと思います。

お母さんパワーで、静岡を盛り上げるぞ~!   (Sachie)

つみきのそのさん

3月22日
約40名が集まったお産ラボのキックオフイベントに、午前中つみき遊びがあったにも関わらず、はるばる焼津からボランティアで来てくれました!

人が入れるほどの螺旋状のつみきを作ったり、(作ってみたい!)つみき遊びの達人です。

つみきのそのさん

私と子供たちは初めてお会いしましたが、さすが子供たち!ニコニコ笑顔で楽しい遊びを知っていそうな園田さんに大喜び♥小さい子が多かったので、午後はボールのそのさん!

つみきのそのさん

新生児の娘(生後1ヶ月)を見つけると、「こんなに小さい子にはなかなか会えないから」ととても嬉しそうに抱っこしながら「数日前に『かみさまの約束』という自主制作の映画を観て、お母さんの体内での記憶があるんだって!」と。

つみきのそのさん

赤ちゃんと話したいと思っていたそうで、新生児にも、子供たちにも「お母さんのお腹の中覚えてるー??」と聞きながら遊んでくれました!子供たちは具体的には答えなかったけれど、その心の在り方がとっても素敵です♥またお会いできるのを楽しみにしています❗  (Marippe)

つみきのそのさん

なんちゃって大人まきで、胎児になった気分を味わえる!?そのさん、赤ちゃんと同じように布で包まれていました。

つみきのそのさん

このこのまごまで(ホームページ)
このこのまごまで(Blog)

第3回 参加者の感想

第3回座談会の参加してくださった方々から感想、お産ラボへ要望をいただきました。

自分のお産体験が誰かの役に立つならと、リピート参加してくださったり、辛かった経験も共有してくださったり、参加者同士で、悩みや不安を取りのぞくための解決法を見出したり、学びの多い会でした。

妊婦さん、これからお母さんになるすべてにその声を届けていきたいと思います。お産ラボにとって、1人ひとりのご意見・要望ほど貴重なものはありません。

*沢山の女性の話を沢山沢山受け止めてあげて下さい。聞いてもらえるとホッとする人きっと多いですから

*いろいろなお話が聞けてお母さんたちの様々な声がひびいてきました。またぜひ参加させて下さい。

*男性の参加 妊娠出産育児への理解を少しでも深めてほしい。中学生高校生に聞いてもらい、「性」について考えてもらう。赤ちゃんとのふれあいの時間を持ってもらう

*1人目2人目各個人院でした。助産院がどういうものかあまり知らなかったがとても興味があり、もっと知りたいしあたたかみを感じた。

*妊娠出産以外にもこれから妊娠を望みたい人の為の会。(私自身、不妊じゃないかと心配した事があったので)

*口に出すことで自分がどんなにがんばったのか確認できると思うのでどんどん横に縦に広がっていっていただきたいと思います。

*授乳問題(ミルクのみの人とか・・)

*カイザーのバースプラン 助産院見学ツアー

*お母さんたちの思いを聞けて良かったです。お母さんたちのパワーを助産師につなげて「いいお産」をめざしたいです。

ご協力ありがとうございました。