おはな市 お産ラボ①

本当にたくさんのお父さん、お母さん、おばあちゃん、子どもたちが参加してくれたお産ラボは、ちょっとしたアクシデントもあって、ぎりぎりの到着で、バタバタになってしまったにもかかわらず、穏やかにスタートしました。
 
お産ラボは、2つのグループに分かれて行いました。
 
お産ラボ おはな市
 
キッズスペースで遊んでいる子どもたちを横目に、または、しっかりと抱っこして、ぬくもりを感じながら、お産の時を振り返り、漢字一字を考えます。
 

この瞬間に、いろんな思いが巡ってきます。
お母さんたちのその姿、眼差しが何とも言えない優しさを醸し出していて、一気にお産ラボの場を作り上げてくれます。
 
私たちのグループでは、以下の漢字でした。
 
『決』『覚』『新』『楽』『安』『頭』『母』『喜』『痛』
 
お産ラボ
 
産むか、産まないか悩んだけど、産むと決めたからには楽しもう‼と決めて、育児を楽しんでいるお母さん。
 
母になったことで、新たな楽しみができ、挑戦し、前向きに生きているお母さん。
 
出産という一大イベントを通し、子どもとともに成長しながら毎日を楽しんでいるお母さん。
 
お産は自分の本質が出る!!!と本能のままにお産をしたお母さん。
 
痛いのは苦手…でも、お産のときの痛みを乗り越え、今も必死に頑張っているお母さん。
 
一人一人いろんな想いでお産のことを語ってくれました。
 
母は強いと感じたと同時に、強がりすぎないで…と思いました。
 
お産ラボ おはな市
 
みんなみんな頑張ってる‼
いつも笑顔じゃなくてもいい。
ありのままの自分を認めてほしいと思いました。
 
そして、『はじめまして』の助産師だったから気を遣ったとのお話もありました。女性の人生にとって、そんなに何度もできない大きな出来事であるからこそ、もっと女性に寄り添ったお産、妊娠中からの継続したケア、マイ助産師制度のような関わりの必要性を改めて感じました。
 
どんなお産もたった一つの大切な大切な宝物。
 
大切なお話をありがとうございました。(Miki)
 
同時開催!!こちら⇒ おっさんラボのレポート
 
おはな助産院の野口さんのレポート⇒ おはな助産院BLOG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です