「助産院へ行こう!」カテゴリーアーカイブ

Ami助産院の感想

先日のAmi助産院の見学会には、お母さんや助産師さん
たちだけではなく、

今春、看護大学への入学が決まったばかりの、

将来、助産師を目指す!

高校生も参加してくれました!!
そして、お産ラボに感想を寄せてくれました。

Ami助産院

出産を取り扱ってない助産院があるのは知っていたけど、行くのは初めてでした。行く前までは、なんで出産を取り扱わないのかという疑問を持っていました。
しかし、実際に話を聞いてみて、助産院は困っているお母さんがたくさんいて、その人たちを助けたり、心のよりどころになるところだと感じました。
それらは、出産を扱っていない助産院だからこそできることだと思いました。お母さんたちのサポートすることの大切さや、助産師の仕事の幅がとても広いと感じました。

また、助産院は単独でやっているものだとか病院で出産した人は助産院に行かないと思っていましたが、横のつながりを大事にしていて、みんな、お母さんのためにということを第一に考えていると感じました。

集まった助産師さんやお産ラボの人たちなど全員、とても素敵な活動をしていて、素敵な方たちだと思いました。最初の自己紹介の時点でそれが伝わってきました。私もそんな助産師になりたいと思いました。助産師さんはお母さんだけでなく、いろいろな人に必要とされる存在だと思います。
(Kana)

お産ラボは、世代を超えて、女性同士が語り合う、教え合う、学び合う、共に時間を共有することを大切にしています。

未来をしっかり見つめている将来の助産師さんのキラキラした目がまぶしく、頼もしいかぎりです。

これからも、どんどん若い人たちをマキコミュニケーション!!

女性の可能性、お母さんの可能性、無限大だなぁ。

Ami助産院

よく晴れた暖かな日、縁あってAmi助産院の見学に行ってきました。

Ami助産院

お庭に入るとキウイの蔓や小さなお花がお出迎え、ポーチにはビー玉が埋め込まれ、

Ami助産院

玄関を開けるとしめ縄が❤
そしてアロマのいい薫り。
大きな窓と壁一面の棚、まあるいテーブル。

Ami助産院

Ami助産院

ぽかぽかと暖かな日の光に、大きな手のあったかいAmiさん。
入った途端にとろけちゃうような空間でした。

Ami助産院

自己紹介の後、Amiさんから助産院を建てるにあたってのお話しをお伺いし、設計の由縁、設計士さんとの直感的な出会い、契約、ご夫婦で壁を塗ったり、大工仕事をしたり…お母さんと赤ちゃんが過ごしやすいように徹底的にこだわったAmiさんワールドを堪能しました。

設計の話で特に印象的だったのは、この助産院は、子宮をイメージされて作っていること。
しかも男性の設計士さんがAmiさんからのお話しと手渡された本を元に設計されたそうです。

Ami助産院

「赤ちゃんは子宮という心地のいい空間から頑張って外に出ていきますよね。きっとここもそうだと思うんです。いつまでもずっとここに留まっている場ではなく、お母さんたちが羽を休めて元気を付けて、不安もあるけど頑張ろうとまたここから外に出ていけるように。そんなイメージで作ったんです。」

ぶぁーっと鳥肌が立ちました。

出産を終え、わけわかんないまま入院生活を終え、退院したら一人ぼっち。
おっぱいは上手にあげられないし、赤ちゃんも上手に飲めない。
追い詰められていくお母さんがたくさんいる。
時には泣きながらおっぱいを止めるという決断をする。

そんなときに助産師さんに

「それでいいよー。よく頑張ったね。」

って、もう一度この子と一緒に生きていく力をつけてもらう場。
建物からもそんな力をもらってるんだなーて思いました。

Amiさんは、お産はやらないと言っていました。
おっぱいや育児で困っているお母さんて本当にたくさんいて、お産をやるとどうしても看られる人数が限られてしまうからだそうです。

幸い、静岡市にはお産を扱っている助産院が多く、お産はお産を扱っている助産院で、病院やクリニックで産んでお家に帰ってからどこに助けを求めたらいいかわからずにいるお母さんは母乳相談や育児相談を主にやっている助産院へ、といった住みわけができるのはとっても助かるなと思いました。
助産院てそこで産んだ人しか行けないんじゃないのとか、お金いくらかかるんだろうとか、こんなことくらいで行っていいのかなとか、躊躇していましたが、もっと気楽に受診したり、電話したりしていいのだということがわかりました。
困っているお母さんの元に助産院という選択があるよ、力になってくれるよ、という情報が届きますように。

Ami助産院

それから、今回はAmiさん自身のお話しもたくさん聞いちゃいました。
Amiさんのお話しはどれもこれも面白くて、Amiさんの歩みをずっと聞いていたくなっちゃいました。気付いたらあっという間の4時間でした。

Amiさん、丁寧にありがとうございました。
お産ラボスタッフのみなさん、一緒に連れて行ってくれてありがとう。
参加したみなさんと豊かな時間を共有できたことに感謝します。

たくさんのお母さんに助産師さんや一歩先行くお母さんの思いが届きますように。
ありがとうございました。

(Masayo)

 こだわりいっぱいのお部屋の詳細のレポは、また後ほど・・・

渡辺助産院①

助産院へ行こう!

渡辺助産院

第二弾は静岡市葵区にある渡辺助産院へ行ってきました。

s-img_0329

昭和31年に開院し二代目となる新里俊子先生にお話を伺いました。

s-img_0309

全てを包み込んでくれる温かい笑顔で迎えてくださり、

『自然なお産を体験していただきたい』

『アットホームなお産を経験することで、育児につながる』

と、お話が始まりました。

昔は年100件もお産があったり、水中出産が流行っていた時期もあったり、県内の西部~東部の産婦さんが渡辺助産院を選んでやってきていたそうです。
今は年35~40件のお産があり、分娩台でのお産や畳のお部屋でのお産、水中分娩も年1~2件あり、本人の希望に沿ってやっています。

本人の希望は母児の危険がないもの以外は全てOKです!!

と何て素敵なお言葉!!胎盤を食べたいという希望のある方もいるようで、それにもこたえてくださっています。

『お産が大好き、いいお産をしてもらえるのが喜び』と新里先生。

西式健康法を取れ入れ、母乳育児は徹底しています。

妊婦健診は一階の診察室で行います。

s-img_0323

毎回エコーをし、妊婦さんの身体をみてアドバイスを行っています。新里先生とゆっくりお話をし、妊娠中から身体の管理をしっかりしてもらうことでいいお産につながるので、毎日のお散歩や、お腹や足を冷やさないように特に伝えているようです。

s-img_0322

レトロな体重計で体重測定をしていて、歴史を感じました。

s-img_0316

入院のお部屋は畳のお部屋で、上の子も一緒に入院ができます。母乳のためにバランスのよい食事を出しています。

s-img_0315

赤ちゃんのベッドは、特注品で、木でできた温もりのあるベッドです。
たくさんの新生児がこのベットでスヤスヤと眠ったと思うと、とっても神聖な場所に思えます。

退院後は月1回の小児科医の健診、測定、栄養士による離乳食指導を含めた健診を一歳半まで行っているそうです。
毎月10人前後のお母さんと赤ちゃんが集まり、みんなでわいわいお話する機会も大切にしており、産後も継続したケアをしています。それ以外にも希望がある方に個別でサポートしているとのことです。

最近話題の産後ケアも受けており、育児不安の強い人や母乳ケアの力を入れたい人は通常入院を一週間くらいに延期したり、他で出産した方も受け入れています。

s-img_0313

全てを受け入れてくれる新里先生の優しい笑顔に包まれ、ここで出産する妊産婦さんは安心感でいっぱいだろうな、と感じました。

お産も母乳も自然が一番。医療が必要なときももちろんあるけれど、自分のお産は自分の生き方。安全なお産になるように自分の身体と向き合い、身体と心を整えること、そして安心できる助産師が傍にいること。

どこで産むのか、どうやって産むのか、何を大切にして子育てをするのか、自分で考えていくことが母となる一歩なのだと改めて思いました。(MiKi)

《 渡辺助産院 基本情報 》

s-img_0327054-246-8791
FAX.054-246-8800

外来診療時間
午前9:00〜昼12:00
午後3:00〜夜6:00(要予約)

外来休診日
土曜日の午後/日曜・祝日
※緊急時にはご連絡下さい。
助産師
渡辺 政子 / 新里俊子

所在地
〒420-0841
静岡県静岡市葵区上足洗1丁目4-1
駐車場:有

お気軽にご相談下さい
妊娠中、出産後、育児の悩みごと相談・母乳の指導・乳房マッサージ・乳房トラブル等の相談・お子様連れ入院

渡辺助産院HP

渡辺助産院➁ 『渡辺助産院で出産した方にお話聞きました…』へ続く・・・

助産院ってどんなトコ?①

助産院へ行こう!

くさの助産院

記念すべき第一弾、静岡市葵区のくさの助産院へ行ってきました。

くさの助産院
みんなの素朴な質問に対して、くさのさんが丁寧に答えてくださいました。また、くさの助産院でお産されたお母さんたちも参加し、自分のお産をふり返りながら、説明してくれました。

〜妊婦検診の様子〜

私が初めてくさの助産院を見たときの第一印象は、
『ふ…普通のお…おうち!?』
でした。

くさの助産院

クリニックや総合病院しか知らなかった私は、あまりの小ささに最初とても驚いたのを覚えています。

しかし、1歩中に入ってみると助産師のくさのさんの笑顔があり、小さいからこその温かみがあって、すごくアットホームな感じがしました。

妊婦検診の様子を再現をして頂きましたが、ベッド脇のモニターの他になぜか天井にもモニターが??

くさの助産院

『どうしてモニターがふたつあるんですか?』

『うちは妊婦さんだけでなく、家族の方も一緒に検診に来るからね。家族の方が見やすいようにつけたのよ。』

『なるほど〜。ご家族への優しさなんですね。ところで、この木の筒はなんですか?』

トラウベ

『これはね、トラウベといってこれで赤ちゃんの心音を聞くのよ。トラウベを使えば、家族の方もお腹から直接、心音を聞くことが出来るのよ。』

『へぇ〜。これで聞いたらどんな音が聞こえるんですかね〜次、妊娠するまでのお楽しみにとっておきます。』

お産ラボ

『くさのさんでは、妊婦検診はどのくらいの時間、されているんですか??』

『だいたい、1時間くらいかな。足がむくんでいたら足湯につけてマッサージしてあげたり、肩が凝ってると言えば肩を揉んであげたり。時には、ツボ指圧のシールを貼ってあげたり。家族の方ともお話をしたりしてるとだいたい1時間くらいにはなるかしら。』

『毎回の検診をそんなに丁寧にしてくださると妊婦さんもご家族もとても安心ですね♪』

くさの助産院は、完全予約制なので、待ち時間もなく、じっくり時間をかけてお話を聞いてくださるので、リラックスして検診を受けられます。(Kco)

続いてのページは
〜お産をする場所〜についてです。

助産院ってどんなトコ?②

助産院ってどんなトコ?②
〜お産をする場所〜

『お産はどちらでされるんですか?』

『うちはね、洋室と和室と2つ部屋があってどちらか好きな方を選んでもらってるのよ。』

部屋・道具4

部屋・道具6

『なるほど。で、分娩台をここに持ってくるんですか?』

『『分娩台?うちはフリースタイルだから、分娩台はないのよ。』

『ぶ…分娩台が無い!?フリースタイルってどういうことですか!?笑』

『四つん這いでもいいし、旦那さんのあぐらに頭を乗せて産んだ方もいるね。決まった形がないから妊婦さんの楽な姿勢でお産してもらうのよ。』

『へぇ〜。病院だと立会いは旦那さんだけとか決まりがありますが、助産院も決まりってありますか?』

『決まりは特にないね。ご主人でもご家族でも兄弟がいる場合は、お兄ちゃん、お姉ちゃんが立ち会う場合もあるしね。友人が立ち会う場合もあるからね。』

『そんなに自由なんですね!笑 人数も特に制限はないですか?』

『あんまり多くてもうちは小さいからね〜。でも、この洋室で9人が立会いした人もいるからね〜。』

『ここに9人!?かなり、ギューギューでしたね。笑』

『でも、本人は大好きな人たちに囲まれて幸せそうだったから良かったわ。』

『洋室と和室、どちらが人気ですか?』

『同じくらいかしら?腰が痛くて畳だと寝起きが大変な方はベッドの洋室に。
兄弟が一緒にお泊まりしていく場合は、和室にされることが多いかな。』

お産が重なる時期には入院のお部屋の変更をお願いする場合も多少あるとのことでした。

続いては、お風呂です。

一般家庭にある、なんの変哲も無い、普通のお風呂。

くさの助産院

しかし、ここでも出産が出来る!?

そう。水中出産です。

実際にくさのさんでの水中出産を経験者に再現して頂きました。

『専用のお湯がはってある中に普通にお風呂に入る感覚でこう入っていたんですよね。』

『で、私は隣に座ってここで世間話やらいろいろとお話したのよね。』

『そうですね。で時々陣痛がくると座り方を変えたり、2人目の時はあっという間であまりお風呂に浸かっていられなかったので3人目の時にはゆっくり1時間くらいお話しながら浸かることが出来て本当に良かったです。3人目は産まれたのが明け方で朝日が神々しくてとても神秘的だったのを覚えています。』

『普通のお産と比べて痛みはどうでしたか?』

『陣痛はだいぶ、和らいだような気がしたかな?』

『産まれた後、血の海にならないんですか?』

『会陰切開をしなければ、そんなに出血はしないわよ。』

『助産院では、へその緒って誰が切るんですか??』

『お産される妊婦さんにお任せしてますよ。ご主人が切る方もいれば、お母さんだったりご本人が切る場合も。』

『そうなんですね!へその緒を切るの緊張しそうですね。』

『切った感触を今でもまだ覚えています。という方も多いのよ。』

『家族に切ってもらえたら、一生の思い出になりますね。』

分娩台なしのフリースタイルに水中出産、本人が望む人なら、だれでも立ち会える、へその緒を切るのも妊婦さんにお任せ・・・助産院でのお産について驚きの連続でした。(Kco)

続いてのページは
〜入院〜についてです。