osanlabo のすべての投稿

第7回 レポート②

今回、体外受精でお子さんを出産された方が参加してくださいました。

お産ラボ

島田市で昨年まで、8年間にわたって開催されていた、『お母さんになりたい応援団』第1期に参加され、現在、3人の子のお母さんとして奮闘されています。

『お母さんになりたい応援団』は、子どもほしいのになかなかできない…子宝に恵まれたい…不妊治療を続けていいのか不安・・・そんな思いを抱えながら、がんばっている女性たちを応援する講座です。
悩みを共有する座談会や、専門家を招いての講座等、お母さんになるために情報交換する場でもありました。そして、8年間で、200人が参加し、現在、100人以上がお母さんになっているそうです。

この講座を企画した1人が、染谷絹代さんで、現在の島田市の女性市長だと聞いて、島田市の子育て支援に対する積極的で、真剣な取り組みに納得し、そこに関わるお母さんたちの情熱と熱意をひしひしと感じました。市役所のトイレひとつをとっても、ベビーベットやチャイルドシート、おむつ用のゴミ箱が設置してあり、お母さん想いな設備が整っていました。

 さて、私は、今まで、不妊治療を経て、体外受精で出産したというお話をしてくれるお母さんに出会ったことがありませんでした。

以前、不妊治療をしている人に、間接的に「あなたにはわからないでしょ。ほっといて。」って言われたことがあって、どんなふうに対応したらいいのか分からなくなっていました。

とってもデリケートなことなので、お互いに壁を作ってしまうし、当たり障りのない対応で、どうしても距離を置いてしまいました。。

だから今回、率直に、いきいきとお話されるお母さんの姿を見て、感動すら覚えました。語弊があるかも知れませんが、私の中にあった固定観念や偏見が吹っ飛んで、清々しい気持ちになりました。

 毎月の生理で一喜一憂したり、常に病院と連絡を取り合って確認する、顕微鏡で、受精過程をのぞきながら、経過を待って、お腹に戻す・・・

知らないことだらけでした。そう、やっぱり、分からないでしょって言われたら、その通りなのです。だからこそ、今回、私は知ることが出来て良かったです。

 「受精される順番が違っていたら、兄弟の順番も違っていたと思うから、3人を3つ子と思って育てている。」

っていう言葉が印象的でした。子どもがいて、お母さんになれる。
命って、尊いです。

お産ラボ

お産ラボ
 
さて、レポート①、冒頭の限界ですが・・・

もちろん、お産ラボの活動に限界を感じているのではありません!!
むしろ、もっといろんな場所で、いろんなお母さんたちとシェアしていきたい。

お産ラボでは、みなさんのおかげで、毎回、学びや気づきがあります。それをシェアしたいという気持ちがある一方で、お産ラボの場の空気、みなさんの想いを充分に伝えられているかな?って、伝えることの難しさを感じています。限界というのは大げさかもしれませんが・・・

私たちが、レポートを記すことを大切にしている理由の1つは、お産ラボや、子育てイベントなどに出てこれないほどに、おうちに引きこもって、1人で悩んだり、弱ってしまっている、本当に誰かの助けが必要なお母さんにも、同じ想いや悩みをみんな抱えてるってことを、なんとか届けたいからです。

全部を伝えきれないもどかしさを感じつつも、これからも、出来る限りまとめて、少しでも伝わるようにレポートしていきます。
でも、機会があれば、ぜひともお産ラボの雰囲気を味わいに来てください。お話するのが苦手なら、オブザーバーとして、耳を傾けて見守るだけでもいいです。その場にいることで得られるもの、格別です。間違いなく、多くの気づきと学びがそこにあります。

お産ラボ

改めて、参加してくださったみなさん、お母さん業界新聞の杉本さん、ありがとうございました!

(Sachie)

くさの助産院で授乳フォト!

久しぶりに、くさの助産院に行ってきました!!

3人の子どもを出産したその場所は、お母さんのスタート地点であり、お産ラボのスタート地点でもあります。そして、私にとって、元気をもらえるパワースポットでもあります。

お産ラボを立ち上げる前、たくさんの人に助産院のことを知ってほしいという想いと、産後もくさのさんに会いたいという個人的な希望から、助産院でいろんな企画をしてきました。チラシ作りから告知、写真撮影にレポートなどの経験は、お産ラボの活動にも生かされています。なにより、ここで出会った人との繋がりが私に力を与えてくれます。くさの助産院には、いつでも素敵な人たちが集まります。

くさの助産院

さて、今回、約1年ぶりに、授乳フォトの撮影会を開催することが出来ました。撮影はもちろん、女性カメラマングループのふぉと*いろさんです。

お産続きの忙しい合間を縫っての不定期なイベントですが、いつも快く、時間と場所を提供してくれる、くさのさんに感謝の気持ちでいっぱいです。

くさの助産院

今日は、お産ラボスタッフのMikiちゃんも撮影に参加してくれました。授乳フォトということで、普段は、撮影現場をのぞくことは出来ないのですが、ふぉと*いろの石川さんのご理解と、Mikiちゃん家族のご協力で、撮影風景を見学させていただきました。

IMG_1831

やっぱり、授乳姿って美しい!!
(さすがに写真は載せられません・・・)

私自身は、撮影の機会を逃してしましましたが(初めて企画したのが、末娘が2歳、ほぼ卒乳の時でした・・・)ほんの一時期しか撮れない、貴重な姿を残しておくのは、とっても素敵なことだと思います。

待ち時間には、くさのさんや、お母さんたち、実習中の学生さんともお話できて、たくさんのパワーをいただきました。また、生まれたばかりの小さな小さな赤ちゃんたちに癒されました。私の原点でもある場所で、やる気と元気をフル充電できました。 (Sachie)

 

最後に、くさのさんが勧めてくれた本を紹介します。

曰く、助産師なら読むべき本だそうです。

『人が誰かの子宮の中で成長して生まれてくるのは、普遍的なことだが、その生まれ方、生れる環境は、時代、文化、社会や制度によって大きく異なる。出産は、まさに「社会的」で「文化的」な営みだ。』
(はじめにより 白井千秋著)

産み育てと助産の歴史: 近代化の200年をふり返る

新品価格
¥3,024から
(2016/9/5 15:36時点)

第1章の江戸のお産事情から、とっても興味深い内容です。私は、助産師ではないですが、たくさんの学びがありました。

 

満員御礼!!

島田と、浜松で開催するお産ラボは、どちらも満席となりました!!
(浜松での講座は、引き続きキャンセル待ちを受け付けています。)

お産ラボ in 島田

ミニお産ラボ体験会&交流会(浜松)

感謝!感激!!
ありがとうございます!!

実は、今回、どちらの会も、お産ラボではなく、私たちの活動に関心を寄せていただいたお母さん業界新聞の杉本さん、にぎにぎChu助産院の宮﨑さんが主催し、告知から受付まで、すべて担ってくれています。

立ち上げから半年ほど、より多くのお母さんに満足のいく、幸せなお産をしてほしいという私たちの願いは変わっていません。そして、座談会でお母さんたちのお話を聞くたびに、もっと多くの方にお産について率直にお話しできる場を作りたいと強く想います。

私たちが出来ることは限られています。でも、同じ志を持つ人たちに私たちのやり方をシェアし、お互いに学び、協力し、ネットワークづくりが出来たら、いろんなところでお産ラボが広がって、より多くのお母さんたちの役に立てるんじゃないかと感じています。

今回、杉本さん、宮﨑さんの依頼を受け、お産ラボを開催できることになり、その可能性にワクワクしています。

島田にも、浜松にも、たぶんほかの地域にも、志の高い、意欲的なお母さんたちがたくさんいると思います。

何かしたい、

何からはじめたらいい?

どうしたらいい?

何ができる?

って、うずうずしているんじゃないかと思います。

まさに、私たちスタッフも半年前まで、同じ気持ちでいたから、よく分かります。そんな方々に会えるのはとっても楽しみです。

お母さんって、すごいんだから!!なんだって出来ちゃうよ!

って伝えたいです。

お産ラボが、そんなお母さんたちに何かのヒントや、きっかけを与えることが出来たら、それこそ、これ以上ないほどの喜びです。

産後の骨盤ケア

お母さん業界新聞 静岡版BLOG

にぎにぎCHU助産院 宮﨑順子さんBLOG

まき助産院☆(祝)一周年☆

先日8月30日(逆から、おさんばの日)はまき助産院開院一周年の日、お産ラボメンバーでお祝いに向かいました。まきさんにはお産ラボメンバーで遊びに行くとだけ伝えて。

まき助産院

富士宮の助産院に行こう!が台風で延期(涙)になり、今回も台風10号が来ていて、またもや…!?とドキドキしていました。というのも、お産ラボの代表は雨女…ちなみに私も雨女。でも台風でテンションあがる系のメンバーばかり(笑)。
まき助産院開院の日も雨だったとか!!
幸いにも家を出て、静岡に入ると雨は止み、晴れ間が!! ひと安心。

ほわーんっとした笑顔でいつも迎えてくれるまきさん、当日もいつもの笑顔で迎えてくれました。

まき助産院

メンバーが集まったところで、似顔絵とお菓子で、お祝い♪まきさん、一周年をすっかり忘れていたようで、ウルウルと溢れてくる涙…喜んでくれて、とても嬉しかったです。そんな感情豊かな素敵なまきさん、いつもありがとう!!

まだ一年…もう一年…あっという間の一年だったと思います。開院してから、いつものベビマを週2回に加え、手作りおもちゃの会に、バランスボールエクササイズに、授乳ふぉと&助産師相談…どれもほとんどが満席になるほど!!それ以外にもおっぱい相談などなど。
私もベビマにバランスボールと通い、まきさんに息子の成長を見守ってもらっていました。
でもこの日は久しぶりの訪問メンバーばかり。まき助には初めて訪問のメンバーも。

主役のまきさんが入れてくれたたんぽぽコーヒーを飲みながら、茶話会。
晴れてきたのでお子ちゃまたちはプールにも入りました。

まき助産院

夏の疲れなのか…何だかここ最近元気度30%くらいだったメンバーたち。月一でやれてきた座談会。お産ラボ3月からスタートしてきて、それぞれが全速力で駆け抜けてきた日々。ちょっとひと休み、みんなの充電期間だったのかな。
この機会にそれぞれの最近の悩みも相談出来て、気分も晴れてきた!!
お産ラボ9月からまた頑張っていきますよー!!11月にはイベントも控えているし、みなさん、改めてお産ラボをよろしくお願いいたします!!!

まき助産院

たった一年なのに、たっくさんの笑顔で溢れている一年だったと思います。まきさんの笑顔に惹かれ、温かい言葉に救われ、集まってくるお母さんたち。涙したり、笑い合ったり…。いつもそっと寄り添ってくれるまきさんがいます。
私も悩んで悩んでどうしようもなくなったとき、まきさんに話を聞いてもらいました。話しつつも何で悩んでいるのかよく分からない私の話をただただ聞いてくれたおかげで、考えや思いが整理されて、心が軽く元気になりました。
基本は楽観的な私だけど、やっぱりこうやって何気なく話せる場は大切なんだなって感じています。
やっぱりもっともっと助産師、助産院を知ってほしい、そう思います。

まき助産院

今回は私が大好きなまきさんにささやかなお礼をしたくて、お産ラボメンバーに声をかけました。昨年の開院の日、お祝いに行きたかったのに仕事で行けず…一周年に行こうと決めてから、早一年!!私も子育てに追われ、イベント?も考えていたのだけど、気付いたら一週間前(笑)。でも何かしたかったので、お産ラボメンバーに声をかけたら、急だったのに集まってくれたメンバー。ありがとう!

改めて、まき助産院、一歳おめでとうございます♪これからもたくさんのお母さんたちの癒しの場であり続けますように。
お産ラボも全力で応援しています。(Miki)

お産ラボ 9月の予定

8月も残すところあとわずかですね。
暑さと台風に負けず、9月もはりきっていきたいと思います。

先日の台風の影響で、残念ながら、予定していた富士宮のエスアールハウスの見学会はやむをえず延期となってしまいましたが、東部初開催だった、富士市の菜桜助産所でのお産ラボに、BBQでのお父さんがお産について語る『おっさんラボ』と夏休み中も精力的に活動できたこと、嬉しく思います。

さて、9月は島田市、浜松市へ行きます!

女性市長のもと、子育て支援にも力を入れている島田市は、お母さんたちも精力的にいろんな活動をされています。そんな島田に、お母さん業界新聞 静岡版の編集部はあります。

6月のお産ラボに編集長の杉本さんが参加してくださり、その様子と、お産ラボのことを8月のお母さん業界新聞で紹介してくださいました!
そんな素敵なご縁もあって、今回、お産ラボを島田で開催することになりました。杉本さん、ありがとうございます!

お産ラボの後、杉本さんとお話して、分かったことなのですが、お母さん業界新聞と、お産ラボがすべてのお母さんに伝えたいこと想いが同じでした!!

『お母さんって、すごい!!』

同じ想いを共有できる方に出会えて、嬉しいかぎりです。
島田のみなさんにお会いできるのを楽しみにしています!!
お産ラボだけではなく、積極的に活動されているお母さんたちとの交流して、新たなネットワーク作りや、島田ならではの行政とのかかわり方などなど、私たちも大いに学びたいと思っています。

詳細、お申込みについては、下記をご覧ください。

9月12日(月)お産ラボ in 島田

静岡のお母さ~ん!共に学びましょう!!
お母さん業界新聞 静岡版BLOG

さらに、浜松へ!!お産ラボ、西部、初開催です。

知る人ぞ知る、横浜のUmiのいえの講座でご一緒した助産師でもあり、鍼灸マッサージ師の加藤祐里さんが、帰りの新幹線の中で日程を決め、ご縁をつないでくださり開催が決定しました。

祐里さんは、妊婦さんや産婦さんに的確なアドバイスを与えるだけでなく、自身も助産師でありながら、助産師の現状や、将来を冷静に見つめ、常にどうすべきかを考え、行動され、ネットワークを構築し、いろんな方にシェアしています。

助産院を、助産師さんのこと、もっとみんなに知ってほしい!!
そんな私の想いが届き、今回の浜松、開催となりました。

主催してくれるのは、浜松のにぎにぎCHU助産院の宮﨑順子さんです。祐里さん、順子さん、ありがとうございます!

宮﨑さんも、6月のお産ラボに参加してくださいました。
参加者の疑問に助産師さんならではの見解とアドバイスをしていただき、とてもありがたかったです。
また、その時のお話がきっかけで、新たなつながりができ、その後もイベントで交流していると聞いています。お産ラボが、ハブ役となって、お母さん同士が繋がっていくことを大変嬉しく思います。

さて、浜松のお産ラボ交流会では、お母さんだけでなく、主な対象が助産師さんや、日頃、子育て支援に関わっている方ということで、通常のお産ラボだけでなく、その仕組みや運営などについてもお話できたらと思っています。

自分の出産経験、くさの助産院でのイベント企画、お産ラボを立ち上げた経緯や想い、大切にしていること、ネットワークづくり、集客の方法や、ネットの利用方法などなど、お母さんが立ち上げ、お母さんがお母さんのために運営しているお産ラボの活動が、お母さんを応援しているすべての人に何かの参考になればと思います。

皆さんに会えるのを楽しみにしています。

詳細、お申込みは以下をご覧ください。

9月20日(火)ミニお産ラボ体験会&交流会

浜松のお母さんのための情報満載!!
にぎにぎCHU助産院 宮﨑順子さんBLOG

妊婦さん・産婦さんの見方!!
助産師さん、子育て支援に関わる方、必見!!
郡上もりのこ鍼灸院 加藤祐里さんBLOG

学びの秋・・・
私たちも多くを学び、繋がって、さらにパワーアップしていきたいと思います!! (Sachie)