いぶきの助産院

緑豊かな山と丸子川の近くに佇むいぶきの助産院は、駿河区丸子にあります。平成26年4月の開業から丸3年を迎えたばかりの新しい助産院です。

s-IMG_1786

階段を上がって玄関に入ると、木のいい香りが漂います。

助産師の小長井さん

s-IMG_1783

とっても気さくで、おおらかで、なによりも素敵な笑顔が印象的です。すべてを受け入れて、包んでくれる温かさがあります。

妊婦さんが移動しやすいように動線を考えて設計された室内は、診察室、分娩のお部屋、浴室が隣り合っています。

s-IMG_1779

自然素材に囲まれた温かな空間です。

s-IMG_1746

思わず籠りたくなる洞窟のような、かまくらのような畳のお部屋でお産に臨みます。カーテンや照明で、明るさも調整できます。

s-IMG_1755

お産する時は、穏やかな気持ちでいてほしいと、なるべく尖ったものがないようにという小長井さんの配慮から、天井や畳の縁も丸くなっています。畳屋さん、かなり手こずったそうです(笑)

s-IMG_1747

少し分かりにくいですが・・・角をなくした天井

s-IMG_1752

そして、壁に設置してある梯子は、海外の分娩施設でも一般的に取り入れられているもので、小長井さんは、開業にあたり、絶対に設置したいと決めていたそうです。お産がない時は、子どもの遊び場としても大活躍中です(笑)

s-IMG_1749

こんな感じでと、デモンストレーションしてくださいました!

s-IMG_1750

また、座っているこの陣痛いす、なんと小長井さんの旦那さんの手作りです。座ったままでも赤ちゃんを介助しやすいようにこのような作りになっています。実際に、私も座ってみましたが、背筋が伸びて、股関節が広がり、重心が下に引っ張られるような感じがしました。

s-IMG_1754

すぐ隣にあるお風呂では、お産がなかなか進まない人が足浴や半身浴をします。水中出産にも対応可能だそうです。

s-IMG_1756

2床あるお部屋はシンプルな和室で、大きな窓から緑いっぱいの景色に癒されます。入院時は、ここに布団を敷いて過ごします。家族も一緒に泊まることも可能です。

s-IMG_1778

診察室からひと続きになっている多目的室では、妊婦さんやお母さんと赤ちゃんが集える、骨盤ケアやヨガ、ベビーマッサージなどの教室が開催されています。

施設全体をみても、ほとんど仕切りがなく、フラットなので、妊産婦さんとって、移動するのに快適です。

s-IMG_1761

いぶきの助産院では、今までに28人の赤ちゃんが誕生しました。廊下の掲示板には、ここで産まれた赤ちゃんたちの笑顔があります。

最後に、いぶきの助産院でも、出産後、1歳になるまでほぼ毎月のように検診があります。
初めての出産の方は、その都度、信頼できる助産師さんに育児相談や産後のご自身の相談も出来て、とても心強いですね。

いぶきの助産院でお産ラボへ⇒こちらから!!

『いぶきの助産院』

助産師 小長井 祥子
〒421-0103
静岡市駿河区丸子5丁目18番20号
TEL&FAX 054-256-1133

いぶきの助産院(静岡県助産師会HPより)

 

いぶきの助産院

いぶきの助産院。

自然に囲まれたすごく素敵な空間でした。

そして何より、助産師の小長井さんが明るく元気!とても素敵な方でした。すべてを安心してお任せできる受け止めてもらえる暖かさを感じました。

s-IMG_1783

そして、いぶきの助産院で出産されたママ達も、まだ小さな赤ちゃんの育児で大変な時なのに、晴れやかな表情で育児を楽しんでいるのが伝わってきました。
助産院では、助産師さんと、マンツーマンで検診の時もゆっくりお話しできるので、毎回の検診日が楽しみだったとみなさん言っていました。

s-IMG_1776

私は個人病院だったので、確かに先生に質問しにくかったです。
毎回、少し緊張しながら通っていたと思いました。
もちろん小長井さんの人柄が一番の魅力ですね。
出産しなくてもまた、行きたい、会いたい!そう思いました。
子育てママのよりどころとしての助産院にもなっていって欲しいと思いました。

お産ラボの役割は大きいぞ!とあらためて意欲が高まりました。

(Chie)

いざ、やいずテレビ『さっチャンネル』へ

明日、12日(月)15:30~やいずテレビに出演します!
な、なんと~出てしまいます。ドキドキ・・・
パーソナリティは、ハンドメイド布ナプキンでおなじみの色紡のさっちゃんこと、長竹幸子さん♡
お産ラボのキックオフの時、さっちゃんは、壮絶なお産体験を話してくれました。何年も自分の胸に抱えていたことを、勇気を振り絞って。
ショックだったのと、感動したのといろんな気持ちがごちゃごちゃに・・・でも確実にその時に私の心に刻まれた想いが、お産ラボを続けていくモチベーションになりました。
幸子とサチエの『さっチャンネル』(笑)
楽しんできたいと思います。

カラーセラピーと布ナプキンの『色紡irotumugi』Blog

『やいずテレビ』についてです。

やいづTVは、インターネットから視聴できるインターネットTVです♪

誰でもお気軽に観ることができます。

アプリをダウンロードすると生放送が観れます!

YouTubeは録画がご覧いただけます。

アプリをダウンロードして、リアルタイムで生放送を観てくださいね???

【生配信をご覧になる方法】
■ SHOWROOM (生配信のみ)
https://www.showroom-live.com/8dfd4719901
アプリをインストールすると観れますよ
(あなたもコメント参加ができちゃいます)

【録画でご覧になる方法】
■ YouTube (生配信・録画)
https://www.youtube.com/user/havakit

どちらかというと、小さなころから口下手で、地味で、おとなしい存在だった私・・・
今でも、本質は変わってないのだけど、そんな自分でも、自分のことは好きだし、決して人嫌いというわけじゃないんだけど、友達も多いほうじゃないし、人混みも苦手だし、目立ちたくないし、たくさんの人の前に出るなんて、考えただけで、赤面して、声がうわずって、心臓がバクバクします。

そう、お産ラボを始める前までは、そんな自分でOKだった!

お産ラボでは、マキコミュニケーションなんて言ってるけど、以前の私は、何にも巻き込まれず、マイペースでいたい人だった!なんでも自分一人で、やれることだけやればいいと思ってた。
でも、知ってしまった。みんなの想いを集めたら、とてつもなく加速して、一人では到底たどり着けない場所があって、大きなことが起こることを!

今まで考えたこともなかった、テレビへの出演を決めたのは、お産ラボが導いてくれたものだからだ。そして、1年続けて、ようやく、ようやく私にも覚悟ができてきたのかなと思う。

想いをたくさんの人に伝える・・・お産ラボにとっても、私にとっても、大きな一歩です。

(Sachie)

6月のお産ラボ

 6月は唯一の祝日がない月・・・そして梅雨

お母さんにとって、洗濯には悩ましい季節ですが・・・
畑では、水と太陽の光をいっぱい浴びた野菜たちがぐんぐん成長し、一面に水が張られた田んぼでは、一斉に鳴きだすカエルや虫たち、それを狙う鳥たちの攻防を垣間見ることができ、生命力がそこら中にあふれています。

さて、何かと雨にご縁があるお産ラボの6月の予定です。

< お産ラボ 6月の予定 >

13日(火)10:00~

助産院へ行こう! いぶきの助産院編

駿河区丸子にあるいぶきの助産院に伺います。

いぶきの助産院(静岡県助産師会HPより)

20日(火) 10:00~

助産院へ行こう! おはな助産院編

御前崎市で唯一の分娩施設として奮闘中のおはな助産院に伺います。

おはな助産院HP

*助産院へ行こう!では、上記、2施設を見学したい方をそれぞれ1,2名ずつ募集します。
当日は、施設見学のほかに、院長である助産師さんのお話を聞いたり、そこでお産をされたお母さんとプチお産ラボを予定しています。

29日(木) 9:45~12:00
第16回 お産ラボ 藤枝第一建設HIBIKI

素敵なモデルルームで、2ヶ月に1度、お産ラボを開催させていただいてます。
Culasu+(暮らすプラス)
第一建設プロデュースライフスタイルイベントより

*イベントへの参加申し込み,質問等は、osanlabo@gmail.comからお願いします。
尚、29日の第16回お産ラボについては、上記のCulasu+からもお申込みを承ります。よろしくお願いします。

まだはっきりお知らせできないのですが、あんなことや、こんなことも、あったりします?!
マイペースではありますが、お産ラボ、丁寧に積み重ねていきたいと思います。

kyoto

また、先月から、出産ケア政策会議に参加しています。今後1年間、毎月1度、京都へ通い、お母さんとして、お産をとりまく課題に取り組んでいきます。お産ラボでたくさんのお母さんから聞いたリアルな声を届けていきたいと思っています。まとまり次第、こちらでもシェアしていきたいと考えています。